indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

Indeedを社内運営したい!ポイントを知って効率よく実践

カテゴリ:リクルーティングコラム

indeedの画像

自社に合ったよい人材に巡り会いたいと求人活動をしている会社が多く利用しているのが、Indeedです。

ここではIndeedを効率的かつ効果的に社内運営するために、知っておきたいポイントについて紹介します。

知っておくべき「Indeed」の基本知識

indeedの画像

まずは、Indeedについて詳しくみていきましょう。

Indeedとは?

Indeedとは、リクルートのグループ会社が2004年に設立したアメリカの会社です。

世界60ヶ国以上・28言語でサービスが提供され、毎月の利用者は2億人とも言われており、日本でも高い知名度を持つ世界最大規模の知名度を誇る求人検索サイトです。

Indeedの特徴

Indeedの特徴は、求人広告サイトではなく求人検索サイトであることです。

企業が求人を行う際は求人広告サイトに広告を出稿するのが一般的ですが、Indeedでは求職者がまず自分の希望に応じて検索を行い、それに応じてマッチングする企業情報が表示されます。

さらに、企業情報をクリックすると詳細な求人ページに飛んで応募ができるという仕組みになってるので、「この会社で働きたい」「とても興味がある」といった応募が集まる高いサイトと言えるでしょう。

Indeedには有料枠・無料枠 の2つの料金体系がある

Indeedの料金体系のうち、有料のものはスポンサー広告といい、無料のものはオーガニック求人といいます。

それぞれどのようなものなのか、まとめていますので確認してください。

(1)有料枠(スポンサー広告)

有料枠(スポンサー広告)は、求職者の目に留まりやすいサイトの目立つ場所に表示されます。

無料の掲載に比べると、クリック数が5倍になるともいわれており、高い確率で情報を見てもらうことが可能です。

頻繁に検索結果画面に出てくるので、候補者により効果的にアプローチできるといえます。

「より早く求人を募集したい」「コストをかけてもいいから閲覧数をとにかく上げたい」という場合は、有料枠を使うと効果的でしょう。

(2)無料枠

無料枠は、有料枠の下に掲載されるため有料枠よりも求職者の目に留まりにくくはなりますが、検索順位が高いうちは目立つ場所に掲載されます。

ただし、無料枠では新しい求人が優先上位に反映されるため、時間が経つにつれてトラフィック数(アクセス数)が下がります。

そうなると、どんどん表示順位が落ちていくので、古い情報が埋もれていってしまう可能性もあります。

そのため、「とにかくリーズナブルに広告を出したい」「はじめて利用するのでちょっと試してみたい」場合に利用するとよいでしょう。

他の求人サイトとの違い

他の求人媒体とIndeedの費用の違いは、「課金システム」です。

一般的な求人広告では掲載時に料金が発生するため、閲覧数が少なくて広告効果が出なかったとしても安くなることはありません。

利用料金の目安は、プランによっても異なりますが、1カ月20万円くらいから、高額なもので180万円程度かかるケースもあります。

一方、Indeedの有料広告(スポンサー広告)は、求職者が広告をクリックしたときにはじめて料金が発生する仕組みになっているため、広告がクリックされなければ広告費用はかかりません

求職者が求人情報をクリックして閲覧してはじめて料金が発生するので、効果に合わせて料金を支払えばよいというのがメリットです。

一般的な求人広告と比較すると、Indeedの方が効率よく広告を出せるといえるでしょう。

Indeedに広告を出すメリットとデメリット

indeed ライター メリットの画像

Indeedに広告を出す前にメリットとデメリットを知っておく必要があります。それぞれ確認しましょう。

Indeedに広告を出すメリット

◆1)求職活動の実情に沿った効率的な広告が出せる
若い人は求人雑誌などを読まない傾向にあり、紙媒体で求人広告を出しても効果が見込めないことが少なくありません。

そこで、IndeedのようなWeb求人を活用することで、若年層の求職者に求人情報を届けやすくなります。

Indeedユーザーには20~30代が多いため、若くて有望な人材を見つけたい場合は活用しがいがあるといえるでしょう。

◆2)求人検索から応募までの流れがスムーズ
キーワードと勤務地で検索をかけると、条件に見合う求人が、タイトル・会社名・勤務地・月給や勤務条件などとともに一覧で出てきます。

その中から気になるものをクリックすると、さらに右側に詳細が出てきて、詳細を見ることができるようになっています。

詳細画面の上部には「求人を見る/応募する」というボタンがあり、これをクリックすると掲載元のサイトや求人ページに飛んで、さらに詳しい情報を得ることができるような仕組みです。

また、求職者は履歴書を登録しておくことができるので、気になる求人が見つかったらすぐに応募することができます。

このようにスピーディーなマッチングができるのもIndeedを利用するメリットといえるでしょう。

Indeed広告のデメリット

◆うまく運用しなければ、求人情報をみてもらえない
Indeedは母集団が大きく多くの求職者に求人情報を見てもらえる確率が高くなりますが、せっかく検索で引っかかっても表示順位によっては見てもらえない可能性もあります。

この点、Indeedには有料広告(スポンサー広告)があり、これを利用すると広告をサイト内の目立つ場所に表示してもらうことが可能ですが、必ずしも上部に検索結果が反映されるわけではありません。

Indeedには独自のアルゴリズムが設定されているため、知識がないとうまく運用できず、求人情報を求職者に見てもらえないのです。

《必見!》閲覧数を上げる2つのポイント

indeedの画像

ここでは、Indeedに求人を掲載し、より多くの閲覧数を獲得するためのポイントについて紹介します。

(1)募集タイトルとテキストを工夫する

Indeedは求人検索サイトなので、求職者に検索してもらったときに、いかに上位で表示されるかがポイントになります。

ますは、索後の最初の画面で表示される「募集タイトル」を工夫しましょう。

求職者はこれを見てタイトルをクリックし、詳細画面を閲覧するので、タイトルに惹かれないと詳細ページを閲覧してくれません。

ですから、仕事や会社が具体的にイメージできるようなタイトルを工夫することが大事です。

単に業種を記載するだけではなく、どのようなお店で働くのか、どんな仕事をするのが具体的に記載したほうが効果的です。

次に、「テキスト」を見直しましょう。

Indeedでは、テキストの中の文章も検索結果順位の審査対象です。

つまり、タイトルだけでなくテキストにも、ターゲットとなる求職者の検索キーワードに近い言葉を入れることで、上位表示につなげることができることになります。

(2)アナリティクスを導入し、分析する

Indeedの効果を、データ解析しながら効果的に運用したいのであれば、訪問数やユーザーの利用状況などを記録し、分析できる「アナリティクス」の導入が必要です。

アナリティクスを導入すると、求人サイトの閲覧数やどの通信キャリアからアクセスしているのか、どのような検索ワードで求人を表示したのかなどを把握することが可能です。

アナリティクスの種類は、Googleアナリティクス、検索画面に設定されているアナリティクス、求人アナリティクスの3つがあります。

1)Googleアナリティクスを使う

Googleアナリティクスでは、下記のようなさまざまなデータを集計し分析することが可能です。


《集計できるデータの例》

・「ユーザーサマリー」基本的なデータ

・「セッション」サイトへの訪問数。

・「ページビュー数」1セッション(1訪問)あたり何ページ見てもらえたのか

・「平均セッション時間」1セッション(1訪問)あたりの平均滞在時間

・「直帰率」1ページ閲覧しただけでサイトから離脱してしまったユーザーの割合

・「システム」どのブラウザやOSから閲覧されているのか、どのキャリアのスマホから閲覧されているのか

2)管理画面のアナリティクス(Indeedアナリティクス)を使う

Indeedアナリティクスは、Indeedアカウントを持てば自動的に利用できるアナリティクスです。

Indeed管理画面のアナリティクスには、ダッシュボードとパフォーマンスレポートがあります。

どちらもGoogleアナリティクスのように、詳細なデータを見ることができるので、求人サイトの最適化に役立てることが可能です。

ダッシュボードでは「合計」「コンバージョン率」「コストパフォーマンス」の3つの項目に分かれており、例えば「合計」では、スポンサークリック数と応募数、クリックされたことで発生した費用の合計が表示されます。

基本的なアナリティクスを行うにはダッシュボードのデータだけで十分ですが、より詳しく分析したい場合には、パフォーマンスレポートが有効です。

3)求人アナリティクスを使う

求人アナリティクスは、求人全体の検索トレンドや広告配信のトレンドなど、求人の傾向をおおまかに把握するのに役立つアナリティクスです。

求人件数の推移やクリック数の推移、求人数トップ企業がどこなのか、いま求人業界で何が人気なのかが一目でわかります。

ランキング形式で表示されるのも特徴的で、検索キーワードや職種名、勤務地の上位10位が企業名と棒グラフで表示され、1カ月ごとの短期的なものから、半年、1年といった長期的なスパンでのデータを確認することが可能です。

分析のためにデータを保存しておきたいと思う場合は、データ情報をダウンロードできるシステムも装備されています。

ただし、求人アナリティクスで得られるデータは、求人業界全体のおおまかな傾向がわかる簡易的なデータにすぎないため、自社の運用分析に利用するデータは別のアナリティクスで見ていく必要があります。

閲覧数の改善例

indeedの画像

ここでは、アナリティクスのデータを活用することで、Indeedの運用が改善した例について紹介します。

Indeedを効果的に運用するには、求職者に対して訴求力が強い部分である「タイトルとテキストを工夫すること」が重要です。

Indeedには独自のアルゴリズムがあり、検索上位に上がるためにはテキストの文言が大きく関わってくるのです。

ーーーーーーーーー

【改善例】
200以上のセッションがあるにもかかわらず応募がなくて困っていた企業が、案件のタイトルや原稿を見直したことで応募を得られるようになった

200セッションで1応募あることが、求人広告が成功しているかどうかの目安の1つといわれているものの、この企業ではセッション数は十分あるものの応募がないという状態でした。

「テキスト部分に何か問題があるのでは?」という仮説のもと、
・テキストをスマホでも見やすいように工夫
・タイトルを実際の仕事がよくわかるように変更

などを行い、さらに

・応募率が低い求人案件はIndeedに出さない → 応募率が高いものだけ配信

ことを行なった結果、閲覧数のアップと応募数のアップができたのです。

まとめ

indeedの画像

Indeedは、よい人材とのマッチングが期待できるとても便利な求人検索サイトです。

ただし、実際に運用して効果的な求人を行っていくには、各種のアナリティクス分析など、専門知識が必要になります。

求人の閲覧数や応募数を増やすために、専門知識を備えた充実のサポートが受けられる採用サイト制作の無料お問い合わせ、資料ダウンロードはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は2020年6月の情報を元に作成しています。

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧