indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

電気工事士の採用方法とは?求める人材を採用する方法と4つのポイント

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

電気工事採用の画像

採用が難しいといわれる電気工事士の採用方法や採用状況を知ることで、同業他社との獲得競争に差をつけることができるでしょう。

この記事では、電気工事士はどのような方法で採用しているのかを知りたい人へ向けて採用方法と採用にあたってのポイントを紹介します。

電気工事士の採用状況と採用が難しい理由

電気工事採用の画像

電気工事士の採用状況

2021年現在、東京オリンピック開催に伴い、建設業界においての工事量は増加しているのが現状です。

また、電気工事士の需要について、案外知られていない事実によると新築の仕事だけでなく、すでにある建物の改修や補修の工事の仕事も増えてきており、電気工事士の需要は高まりを見せています。

しかし、電気工事士の数が少ないため、電気工事士を採用したい企業の数の方が多く、獲得競争が激しくなっているのです。

出典:電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性

電気工事士の採用が難しい理由

電気工事士の需要が拡大する中で、電気工事士の採用を積極的に行っている会社が増えていますが、高齢者の引退や若年層の囲い込みが難しいことなどにより人手不足は進行していくでしょう。

電気工事士を採用するために今すぐ始められる小さなコツ | HRhackerによると、2021年現在では「企業に選ばれる」のではなく「求職者が企業を選ぶ」といった、求職者の仕事の選び方の多様化が見られ、電気工事士になろうと考える人は減少しています。

電気工事関係で働く人が電気工事士を知るきっかけは53%が「親族等、身内に電気工事士がいた」というデータから身近に電気工事士として働く人が減っていくことは、今後活躍する若年層の減少を示唆するため、若年層の電気工事士を採用することが他業種に比べ難しくなることを意味するのです。

詳しくは:【違反に注意!】人事担当者は最低限知っておきたい「求人広告のルール」

求める電気工事士を採用する方法

電気工事採用の画像

自社が求める電気工事士を採用する効果的な方法を詳しく知りたい人もいるでしょう。

ここからは、オススメの求人サイトと求人方法を紹介します。

総合求人サイトへ掲載する

清掃業への就業希望者は、40代〜60代の中高年・シニア層が多いです。

より多くの人に求人を見てもらいたい場合は、総合求人サイトへの掲載がおすすめです。

総合求人サイトは電気工事士専門のサイトではないため、未経験の人に電気工事士に興味を持ってもらえるきっかけになります。

リクナビNEXT

電気工事採用の画像

2019年時点でリクナビNEXTの会員数は約1000万人、転職者の約8割が利用している国内最大級の転職サイトで、転職希望者に企業から直接アプローチが可能なことが特徴です。

5つの掲載料金プランから選ぶことができ、上位プランになるほど掲載できる画像や文章の量などが多く、求職者への訴求力が強くなります。

全国の勤務地での募集は料金が高く、勤務地エリア限定の募集はよりリーズナブルな料金設定になっており、掲載料金の最低金額が15万円、最高金額が180万円です。

マイナビ転職

電気工事採用の画像

2019年時点でのマイナビ転職の会員数は約654万人で、常時8000件以上の求人情報を掲載しており、業界最大級の転職サイトとして知られています。

マイナビ転職は20代~30代の若手採用に強いことが特徴として挙げられ、学生時代にアルバイト探しや就活活動でマイナビブランドを利用していた人が、マイナビ転職を引き続き利用する傾向です。

採用人数や業種、職種、求人募集内容など求人を出す企業ごとのニーズに応じて、5つのプランを選ぶことができます。

下限20万円〜上限120万円のなかで料金が高いプランになるほど、求人原稿の画像の数やテキストのボリュームを増やすことが可能です。

電気工事士専門求人サイトへ掲載する

ここから、電気工事士専門サイトを2つ紹介します。

より専門的に求人を行うために電気工事士専門求人サイトを活用し、それぞれの特徴を知ってから利用していきましょう。

工事.com

電気工事採用の画像

工事士.comは電気工事士の転職に特化していることが大きな特徴で、日本全国の電気工事士の求人を資格や経験など、条件を絞って求人検索することができます。

建設関係のの業界に絞られているため求人件数は2020年時点で全国で896件と少ないですが、転職エージェントのなかでも電気工事関係に特化していることから、信頼できる媒体のひとつです。

建職バンク

電気工事採用の画像

建職バンクは有資格者を中心に登録されており、2020年時点で利用者数は266万人で、登録者の80.5%が電気工事士の資格をもっています。

掲載した求人情報は、Indeedや求人ボックス、スタンバイといった求人検索エンジンに自動掲載されるため、幅広い求職者に求人情報を見てもらうことが可能です。

標準装備としてスカウトメールを送信できることも特徴の1つになります。

求人エンジンのIndeedに掲載する

電気工事採用の画像

Indeedは求人情報専門の一括検索エンジンで、インターネット上に存在する求人サイトのほとんどをIndeed内部で網羅、検索できるようになっているため、圧倒的な求人掲載数を誇っています。

また、SEOに強く、Google、Yahoo! JAPANなどの検索結果上位に上がってきやすいうえ、簡単なキーワードで多くの求人を検索することが可能です。

Indeedは基本的に無料ですが、有料掲載を利用することで無料掲載よりも上の表示枠が用意され、表示回数は最大5倍以上に上がります。

自社の求人広告へのクリック数に応じて料金が発生する運用広告という仕組みです。

ハローワークに掲載する

電気工事採用の画像

ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」といい、「求人申込書」に必要な条件を記入し、求人ハローワークの窓口担当者に条件に不備がないかの確認をしてもらい、受理されると求人票が掲載される流れになります。

ハローワークは求人票掲載にエリアの制限があることに注意が必要ですが、無料で求人情報を掲載できます。

自社採用サイトを作成して採用募集する

自社採用サイトとは求人媒体を利用して採用活動を行うのではなく、企業ホームページと紐付けて自社採用情報に特化したWebページのことを指します。

自社採用サイトを運用するうえで最大のメリットは、求人媒体を利用するよりも採用コストを抑えて求人できることです。

また自社サイトであれば応募に至らなかった人のデータも得られるため、求職者の求めるニーズや、応募に至らなかった理由などを知ることができます。

Indeedのような求人検索エンジンを経由して自社の採用サイトに辿り着くように求職者を誘導できれば、求人を見る人も一定数得られ、結果的に応募者の増加が期待できるでしょう。

詳しくは:求人成功のコツは採用サイトの作成にあり

電気工事士を採用するための4つのポイント

電気工事採用の画像

採用が難しい電気工事士の求人を行う際に、何か気をつけるポイントがあれば、と気になる方もいるでしょう。

ここからは4つのポイントを紹介していきます。

求職者の目線に立ち情報を発信する

電気工事士を採用するために今すぐ始められる小さなコツ | HRhackerによると、若手の電気工事士は重労働や残業、休日出勤を嫌っている人や、人間関係で困っている人が多いことが判明しました。

これらのことを解消するために、電気工事士に応募する人の目線に立ち、不安を解消させる募集内容を記載するよう心がけましょう。

例えば、休みは少ないけれど、人々の日常を守ることができるやりがいのある仕事だということを記載すると、安心感も得られ、やりがいのある仕事だと感じてもらえます。

同業他社との違いを明確に発信する

2021年のオリンピック開催や復興需要などで工事量が増えていますが、電子工事士の数は少なく同業他社と人材獲得の競争が熾烈になっているなかでは、同業他社に勝っているところや自社特有の持ち味を明確にしなければなりません。

そのためには、同業他社の情報を網羅したうえで採用における競合を把握し、求人媒体や自社採用サイトに記載しアピールすることが重要です。

職務内容を詳しく記載する

求人を行う際には、ジョブディスクプリクションと呼ばれる「職務記述書」が重要です。募集しているポジションや役割、担当してもらう仕事のレベルがわかる仕事内容、必要とされる知識や経験を記載する必要があります。

ポジション名、職務の目的、職務内容・範囲などを詳しく記載することで、求職者の仕事内容への理解度が高まるでしょう。

人材紹介や求人広告以外の採用手段も利用

電気工事士の採用手段は、人材紹介や求人広告以外にもあります。

良い人材に出会うために、ここから紹介するふたつの採用手段の手法と効果をみていきましょう。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは、自社が欲しい人材に直接アプローチすることであり、facebookやTwitterなどのSNSを主に利用した採用手法です。

必要な人材に対して企業側から直接コンタクトを取ってスカウトする攻めの採用方法といえます。

主なメリットは企業が母集団形成の主導権を握れるため、欲しい人材のみをプールできることです。

使いこなすことができれば、採用コストを抑制し、自社で活躍する人材を獲得できます。

また転職に踏み切れない人へ、転職のきっかけを作ることもできるでしょう。

リファラル採用

リファラル採用とは、社員に人材を紹介してもらう採用方法です。

自社のことをよく知っており信頼のおける社員の紹介であるため、定着率が高いメリットがあります。

求人サイトに掲載する手間もなく、活躍を期待できる人材に出会える可能性が高まるでしょう。

詳しくは:話題の自社採用とは|成功に導く3つの採用手法とメリットデメリット

まとめ

電気工事採用の画像

東京オリンピックの影響から需要が高まっており、今後工事量は減ることはないという安定性のある電気工事士の良さを知ってもらうためにも、自社の魅力が伝わる採用方法を選ぶことが大切です。

同業他社から人材をを勝ち取るために、情報網を常に貼っておくことを意識して採用活動を行うこと、求職者の目線に立ち、求職者の不安を除いてあげらるような求人票づくりを心がけて採用活動を行いましょう。

電気工事士の採用サイト作成に興味がある場合は、「トルー」がオススメです。

採用サイトや応募フォームを簡単に作成でき、手厚いサポートも備わっているので初心者でも簡単に扱うことができます。

求人検索サイトの広告パフォーマンスを分析できる機能や応募者の管理機能だけでなく、LINE応募や求人票、応募者のCSV一括ダウンロードなど、担当者に適した活用が可能です。

求人方法の悩みを解決するためにもトルーの活用を検討しましょう。

より効率的に、自社が欲しい人材を採用したいのであれば、Indeed対応の採用サイト作成サービスを提供するトルーに相談してみてはいかがでしょうか。

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
採用サイトを作成するメリット 【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2021年7月現在の情報を元に作成しております。

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧