indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

厳しい採用戦線でも採用成功!利用企業急増中の【採用サイト完全マニュアル】

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

採用サイトの画像

「求人サイトや人材紹介会社を使っているけど、思ったように応募が来ない」
「応募は来るけど、欲しい人材からの応募が来ない」

とお悩みではありませんか?

売り手市場を背景に採用競争が激しくなっている近年、新しい採用手法として多くの企業が導入しているのが「採用サイト」です。

・採用サイトとはどのようなもの?
・どのような項目を作成したらいいか分からない…
・参考にすべき採用サイトは?


そんな疑問にお答えするため、採用のプロである私たちが、採用担当なら知っておきたい「採用サイト」のすべてをお伝えします。

最後までよく読み、採用サイトへの理解を深めてくださいね。

>採用サイトの定義と注目されている理由

採用サイトの画像

採用サイトとは

採用サイト(リクルートサイト)とは、「採用を目的としたサイト」のことです。

会社案内やサービス内容など会社の情報を載せているサイトは一般的に企業サイト(コーポレートサイト)と呼ばれ、採用サイトとは異なります。

なぜ、採用サイトに注目が集まっているのか、次の項でお話しします。

採用サイトが注目されている理由

これまでは、企業サイトを用意していれば採用ができていました。しかし、求職者がインターネットを利用した求職活動をメインに行うようになった現在、企業サイトだけでは採用できなくなったのです。

【企業サイト】は、企業の提供するサービスのクライアントや顧客、株主や投資家をターゲットにしており、企業のビジネスやサービスについての情報をメインに掲載しています。

「採用に関する情報」を掲載できたとしても、スペースや文字数に制限がある場合が多く、求職者に伝えたい情報を十分に伝えることができません。

一方、【採用サイト】は求職者をターゲットにしています。採用に関する情報をメインに掲載しているため、企業が伝えたい情報=求職者が知りたい情報(魅力や強み、社内の雰囲気、福利厚生など)を十分に伝えることができます。

自社の掲げる採用目標を達成するため、大手をはじめ多くの企業が採用サイトを導入しはじめると、求職者が採用サイトの情報を元に応募する企業の比較や検討を行うようになりました。その結果、さらに多くの企業が採用サイトに注目しはじめているのです。

※詳しくはこちら【導入企業増加中!応募が増えると話題の新しい採用方法【採用サイト】のすべて

採用サイトの作成に必要な7つの基本項目

採用サイトの画像

これから紹介する7つの項目は、多くの採用サイトが必ず記載している項目です。

重要度が高い順に説明していますので、自社の採用サイト作成の際に、漏れがないか確認しましょう。

【項目1】実際に働いている社員からのメッセージ

自分の入社後の働く姿がイメージでき、企業への応募意欲を高めることができるため、実際に働いている社員の「企業に対する想い」や「どのような気持ちで働いているか」といったインタビューを載せると効果的です。

【項目2】会社代表からのメッセージ

求職者が「この会社に入りたい」と感じてもらえるよう、会社代表によるメッセージを通して企業がどのような気持ちで採用を行なっているのか、どのような将来ビジョンを持って経営しているのかを伝えましょう。

【項目3】会社概要

会社概要は会社の基本情報のため、必ず記載してください。

【項目4】福利厚生や待遇

中途採用の転職者は、福利厚生や待遇を確認する際「入社したら実際に利用できるのか」という点を重要視しているため、内容や理容実績、利用に関する詳しい条件などわかりやすく記載しましょう。

【項目5】教育制度やキャリアステップイメージ

企業の考えるキャリアステップのイメージと自分の理想を照らし合わせ、応募するかどうか検討する求職者も多くいます。

その際、3年後、5年後といった年数別のキャリアイメージや任される仕事など、具体的に記載しましょう。

【項目6】募集要項

業務内容や応募資格といった求人の募集要項は、求職者が知るべき内容のため、必ず記載してください。

【項目7】選考フロー

応募後の選考ステップや内定が出るまでの目安期間を一目見るだけで分かるよう、図として掲載しましょう。 

※詳しくはこちら【《採用サイト作成のコツ》他社と差別化する3つポイントと参考にしたいサイト

サイト作成の参考にしたい!トレンドを押さえた採用サイト3選

採用サイトの画像

採用サイトには、【トレンド】があります。

求職者が非常に高い関心を持って採用サイトを訪問している場合は別ですが、「少し興味がある」程度で採用サイトを訪問してきた場合は、トレンドを押さえているかどうかで求職者の自社サイトに関する興味・関心度合を高めることができます。

採用サイトしっかりと読み込んでもらえれば、応募率が上がる可能性が高まりますので、ここではトレンドについてしっかりと理解していきましょう。

押さえておくべき3つのトレンド

採用サイトを作成する時に押さえておきたいトレンドは、「デザイン」「キャッチコピー」「コンテンツ」の3つです。

それぞれどのようなトレンドがあるのか、下記にまとめていますので確認してくださいね。

《採用サイトの3つのトレンド》
1)【デザイン】
トップページで求職者の心を掴むようなインパクトのある、サイトを読み進めてもらえるようアイコンが動くなど、視覚効果を取り入れたデザイン

2)【キャッチコピー】
企業の本質や求めることを端的に表し、強い印象を与えるキャッチコピー

3)【コンテンツ】
社内の雰囲気や働いている様子をイメージしやすいコンテンツ
※詳しくはこちら【《2020年度版ランキングつき》求職者の応募が増える採用サイトの秘訣とは?
 

トレンドを押さえた採用サイト3選

3つのトレンドをどのように採用サイトに活かしたらいいのでしょうか。

ここでは、トレンドを実際に取り入れている採用サイトを3つ紹介します。

1)デザインのトレンドを取り入れている採用採用サイト

◆株式会社ジャパンビバレッジ

採用サイトの画像

【ポイント】画面をスクロールすると画面が動いたり、カーソルを写真に合わせると変化したりと、多くのコンテンツがあっても見ていて飽きない工夫が凝らされており、求職者に採用サイトをじっくりみてもらいやすい。

2)キャッチコピーのトレンドを取り入れている採用採用サイト

◆本田技研工業株式会社

採用サイトの画像

【ポイント】トップページの約半分を占める大きさでインパクトのあるキャッチコピーを掲載しており、求職者に強く印象を残すよう工夫されている

3)コンテンツのトレンドを取り入れている採用採用サイト

◆三井住友カード株式会社

採用サイトの画像

【ポイント】インスタグラムを活用し、仕事時の様子以外にも社員の服装、ランチ、内定式など、説明会やサイトの情報だけではわからない部分も配信している。そのため、「この会社で働いたら楽しそう」「実際に入社したらこういう風に働いてみたい」といった、実際に働くイメージがつきやすい内容となっている

《今すぐできる!》応募が増える!採用サイトにするためのたった2つのコツ

採用サイトの画像

採用サイトの作成時から情報の更新といったサイトの運用時まで、採用担当者がすぐにできる採用サイトの応募を増やすコツがあります。

コツを押さえて、求める人材からの応募が増える採用サイトにしましょう。

(1)自社のことをよく知り、自社の強みや他社との違いを明確にする

採用サイトで自社の強みや他社との違いを打ち出すためには、自社のことをよく知る必要があります。

自社をよく理解した上で、「何をアピールするのか」「どこを差別化するのか」を決めていきます。

社内の雰囲気や教育制度、会社の将来ビジョンなど、文章だけでなく写真や動画を使えば、アピールできる部分はたくさんあります。

「どの部分に共感した人材が欲しいのか」「どうすれば伝わるのか」を念頭に置き、自社の強みを明確にしましょう。

(2)求職者の求める情報、新鮮な情報を掲載する

掲載する情報は求職者の求めるものであり、かつ、新しいものである必要があります。

求職者は「実際に入社したらどのようなキャリアがつめるのか」「どのような社員が活躍しているのか」など、求職者自身の理想と、それが叶えられる会社なのかを判断するために、採用サイトを利用します。

求職者が求める情報の例としては、
・企業の従業員数、男女比、有給取得率などをデータ、数字で表したもの
・企業の求める人物像が伝わるイメージ写真、動画、文章
・実際に働くイメージのできる社内の写真、社員インタビューや働いている様子の動画
・キャリアステップが伝わる5年後、10年後のキャリアイメージと任される具体的な仕事内容
などがあります。

これらの情報に変更がある場合は都度変更し、また情報更新や社内イベントなど、企業に関わる最新の情報がある場合は、多くの人に見てもらえるSNSなどにアップすると効果的です。

上記以外にも、採用サイトの訪問者数を増やすことも重要です。

求人情報専門の検索エンジンであるIndeedとの連携や有料広告の掲載を検討してみてください。

採用サイトと併せて使いたい《中途求人サイト6社》

採用サイトの画像

中途採用の求人サイトは「転職サイト」とも呼ばれ、インターネット上に企業の求人情報を掲載し、転職希望者から応募を集める求人媒体です。

採用サイトと併せて利用することで、効率的な採用活動が期待できます。

ここでは、代表的な求人サイトを6つ紹介します。

(1)全国180万人の登録者に直接アプローチが可能【マイナビ転職】

中途採用 求人サイトの画像

(2)経験者や即戦力の採用も可能【doda】

中途採用 求人サイトの画像

(3)会員の約7割が34歳以下と若手に強い【en転職】

中途採用 求人サイトの画像

(4)AI機能を搭載し、精度の高いマッチングを行える【type】

中途採用 求人サイトの画像

(5)IT、Web業界のベンチャー企業の採用に強い【Green】

中途採用 求人サイトの画像

(6)オンライン面接機能、SMSによる面接リマインドなどの機能を搭載【イーキャリア】

中途採用 求人サイトの画像

※詳しくはこちら【大手中途採用求人サイト6社を徹底比較!採用担当者が選ぶべき求人サイトとは

まとめ

採用サイトの画像

採用サイトは、「自社の魅力を明確に伝えられる」「他社との違いを打ち出すことができる」などという理由から効果的な採用手法として導入企業が増えてきています。

今の採用結果に満足していない、新しい採用方法を探しているのであれば、採用方法の一つとして導入を検討してみてはいかがでしょうか。

トルーは数多くの運用実績があり多くの成功事例を持っているため、会社様の採用課題に合わせたご提案が可能です。

「求人の閲覧数や応募数を増やせる!」
「専門知識を持ったスタッフから充実したサポートが受けられる!」
と好評の採用サイト制作の無料お問い合わせ、資料ダウンロードはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は2020年1月の情報を元に作成しています。

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧