indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

どっちを選ぶべき?Indeed求人とリスティング広告を比較

カテゴリ:リクルーティングコラム

indeed リスティング広告の画像

求人広告を出すのは会社経営にとって非常に大きなコストです。

そこで、今回はテレビCMでも有名な「Indeed求人」と「リスティング広告」のどちらがより効率よく人材を募集できるのかについて解説します。

両者の違いを頭に入れて、最適な募集活動によって人材を確保しましょう。

Indeedの基本知識

indeed リスティング広告の画像

まずはじめに、Indeedについて詳しくみていきましょう。

Indeedとはどのようなサービスなの?

Indeedは2004年にアメリカで設立された世界的に知名度の高い求人広告専門の検索サービスです。

日本では2009年からサービスを開始、2012年にリクルートホールディングスが買収し、現在はリクルートの完全子会社となっています。

Indeedは、検索バーに「該当地域」「職種」を入力するだけで、企業が掲載している求人情報を一覧で探すことができます。

さらに、クローラーが自動的にインターネット上の求人情報を検索するため、新聞や雑誌、各業界団体や企業の採用ページなども同時に見ることが可能なのです。

ユーザーは自分が働きたい地域にある求人情報を1クリックで網羅的に検索できるので、非常に利便性が高い仕組みになっているのです。

この利便性の高さが評価され、求人情報数は約5億件、月間2億人のユーザーがいる世界No.1の求人検索エンジンにまで成長したのです。

他の求人サイトとの違いは?

日本で求人広告を探す手段といえば「リクナビ」や「マイナビ」といった、いわゆる「就活サイト」を利用するのが一般的です。

リクナビやマイナビといった就活サイトでは、企業が募集条件や要項を記載しサイト上で直接、応募者とコンタクトを取ります。

また、求職者側も自分の経歴やスキルをサイトに登録することで、企業からオファーが来たり、簡単に履歴書を送れる仕組みです。

これに対して、Indeedでは求人を募集している企業と応募者はサイト上でコンタクトを取りません。

企業側はIndeedとは別に自社の求人ページを用意し、Indeedからアクセスが流れてくるようにするため、Indeedの求人情報は項目が絞られた最小限の情報しか記載されていないのです。

求職者はIndeedから気になる求人情報を見つけ、希望の会社ホームページで詳細情報を確認し、応募する流れになります。

そして、求職者側もIndeedに自分の経歴やスキルを登録する必要はなく、会員登録不要で利用することが可能です。

Indeedは、面倒な会員登録や経歴の掲載が不要で、かつハローワークや企業の採用サイトなどの求人情報をまとめて検索できるので、求職者にとっても非常に使いやすい求人サイトなのです。

Indeedを利用するメリットは?

既存の求人サイトを利用する場合、1カ月で数万から数十万もの掲載料がかかるなど、「人材採用コスト」は非常に大きなものです。

掲載したとしても、掲載後に求める人材が応募してくれるかどうか、また、応募した人材の中に期待する人材がいるかどうかわかりません。

この点、Indeedの無料枠では掲載料は無料で、求人情報の掲載から人材の採用までコストはかかりません。

Indeed上で求職者に対してメールを送ったり、管理ツールで応募者の情報も確認することもでき、すべて無料で利用することができます。

さらに、Indeedでは最低限の情報だけが記載された求人枠から、自社の採用ページにリンクを飛ばすことができます。

これによって、自社ホームページに求職者を誘導することができ、自社サイト上で自社の魅力をしっかりと伝えることが可能です。

また、利用者側から見れば、地域の自治体が提供している採用情報から興味のある企業の個別採用ページまで縦断的に検索できるため、求人情報が非常に探しやすいことから、Indeedの利用には多くのメリットがあるといえます。

Indeed有料広告とリスティング広告の比較

Indeed リスティング広告の画像

Indeed有料広告とリスティング広告にはどのような共通点や違いがあるのでしょうか。

Indeed有料広告とは?

indeed リスティング広告の画像

有料広告は、「有料枠」と呼ばれる求人検索結果の上部に自企業の求人を掲載することができます。

そのため、ユーザー側の目に留まりやすく、効果が得やすいといえます。

また、有料プランでは求職者が掲載した求人情報をクリックすると料金が発生します。(クリック課金型)

詳しい料金体系は後述しますが、既存のサイトと比べて「自社の求人情報に興味のある人材」だけに対して広告費がかかるので、採用コストを大幅に抑えることができるのです。

有料プランはいつでも開始・停止を設定できるため「欲しい人材が集まったから広告を停止する」という判断も迅速に行うことができます。

以上のことから、Indeed有料広告は効果的な求人募集を行うことができると言えるでしょう。

リスティング広告とは?

indeed リスティング広告の画像

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどで検索結果の一番上に表示されている「スポンサードサーチ」のことです。

リスティング広告では1つ1つの検索ワードに対して上位表示される一定の枠があり、お金を払えばその枠に即座に求人広告を表示させることができます。

リスティング広告の掲載費用はクリック数×枠の入札額によって決まり、検索ワードに対する上位表示の枠は入札制で1クリック当たりの金額が決まります。

したがって、検索ボリュームが多いワードやニーズが明確なワードは入札者が多くなり、1クリックあたりの金額も高くなります。

リスティング広告では、「どの検索ワードに出稿するか」「どの程度の入札額で、どの順位に表示させるか」をある程度コントロールすることが可能です。

出稿までに時間もかからないため、「すぐに人材を募集したい」「費用はいくらかかっても良い人材を募集したい」という企業に適した方法になります。

Indeed有料広告とリスティング広告の共通点

Indeed有料広告とリスティング広告との共通点は、
・「クリック課金方式」
・「ページの上部掲載」
・「アルゴリズムによって表示順位が決定される」という点
です。

・「クリック課金方式」、「ページの上部掲載」
リスティング広告ではIndeedと同じように掲載料自体は無料ですが、1クリックごとに課金されます。

また、有料プランで検索結果の上位に自社の求人広告を表示させることが出来る点も同じです。

>・「アルゴリズムによって表示順位が決定される」
検索順位が決定される基準は検索エンジンが採用している「アルゴリズム」によります。

Yahooは実質的にGoogleと同じアルゴリズムで検索結果を表示しているため、YahooとGoogleは同じ決定基準です。

そして、Googleのアルゴリズムが上位表示するのは「入札価格がより高く、品質が良い」広告です。

ここでいう「品質が良い」とは、検索ボリュームに対してクリック率が高く、かつ離脱率が低い広告をいいます。

Googleでは、この品質の高さ順に「広告ランク」というものを決めており、入札額と広告ランクによって上位表示される順番が決まるのです。

一方、Indeedでも上位表示される基準はIndeed内のアルゴリズムによります。

Indeedにおいて評価される求人広告は「入札金額が高い」「写真や動画などを投稿している」「情報の更新頻度が高い」「求人情報が詳しい」などです。

大まかな評価点はGoogleと変わりませんが、Indeedでは「いつ、どこで、誰が、どんな情報を検索したか」という履歴のような「検索ユーザー情報」が表示順位に大きな影響を与えます。

したがって、Indeedで上位表示されたり目につきやすい場所に表示されるには「検索キーワードを絞る」「ターゲットを明確にする」ことも非常に重要なポイントになります。

Indeed有料広告とリスティング広告の違う点

Indeed有料広告とリスティング広告には、
・「採用されているタイムゾーン」
・「求人対象の差」
・「検索ユーザーに合わせた表示方法」などの違いがあります。

・「採用されているタイムゾーン」
日本国内で提供されている求人サイトは当然ですが、日本時間で管理・更新されています。

しかし、Indeed広告では管理画面がアメリカ時間で管理されるため、日本時間との時差を考慮する必要があります。

・「求人対象の差」
Indeedでの求人検索は圧倒的にモバイルで行われています。

モバイルで求人検索を行う大半は「アルバイトやパート」など非正規社員の求職者であるため、Indeedはアルバイトやパートなどを募集するときに活用すれば効率よく応募を受けることができる傾向にあります。

一方、既存の求人サイト(特に「リクナビ」や「マイナビ」)などはデスクトップやノートパソコンからのアクセスも一定数あります。

パソコンからのアクセスする求職者は、正規雇用を目指す人が腰を据えて活用する傾向にあります。

もちろん、これは「傾向がある」というだけなのでIndeedで正規社員を募集することにも十分メリットがありますが、どのデバイスからのアクセスが多いのかは知っておく必要があるでしょう。

・「検索ユーザーに合わせた表示方法」
Googleでは検索ユーザーに最適化された検索結果が表示されるように徹底されています。

特に、Google Adwordsなどの検索結果連動型広告では検索したワードに関連した広告や過去に検索したワードに関する広告が表示される仕組みです。

一方、Indeed広告では検索したワードに関連しない広告求人が表示されます。

ユーザーが関心のない広告が表示されるのはユーザービリティを損なうため、自社の広告が「狙ったターゲットにしっかり届いているか」をきちんと確認することが大切です。

運用費用はそれぞれどのくらいかかる?

indeed リスティング広告の画像

実際にIndeed有料広告、リスティング広告を運用すると、それぞれどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

それぞれみてみましょう。

◆Indeed有料広告
Indeedの有料プランでもリスティング広告と同じように1クリックごとにクリック課金が発生します。

クリック単価は15円~999円の間で自由に設定することが可能です。

もっとも、求人を出す業界や職種、正規社員か非正規社員かによって大まかな相場が存在しており、概ね相場に従った料金を設定するのが一般的です。

いくつか具体例を出すと「医療系 60円~450円」「介護福祉系 50円~100円」「飲食系 20円~100円」などになります。

医療系やエンジニア系はクリック単価が高くつく傾向にありますが、それ以外の業界であれば概ね30円から高くても200円前後が目安です。

◆リスティング広告
リスティング広告では1クリックあたりに費用がかかります。

Googleの検索ツールを利用すれば「検索ワードごとの月間検索ボリューム」と「推奨入札額」が分かります。

この推奨入札額が1クリックあたりの費用となるため、応募を受けたい件数から逆算して総額費用を計算することが可能です。

総額を計算する上で注意したいのは、クリックをした人がすべて応募してくれるわけではなく、100人が求人情報をクリックしたとしても実際に応募するのは数%だということです。

これをコンバージョン率ともいいますが、コンバージョン率を仮に3%とし、15件の応募を受けたいという場合、アクセス数は「15÷3%=500」となり500件が必要です。

推奨入札額が500円であれば「500円×500件=25万円」となり、25万円の費用がかかります。

業界や検索ワードにもよりますが、リスティング広告は単価が2000円を超えることもあるため、リスティング広告のクリック課金式では比較的高額な費用がかかります。

このように、高ければ1クリック2000円もかかるリスティング広告に比べれば、概ね30円から高くても200円前後のIndeedの有料広告の方が非常にリーズナブルな価格帯といえるでしょう。

まとめ

Indeedはリスティング広告よりも「1回あたりの人材採用コスト」という面において大きなメリットがあります。

競合が少ないような地方での求人であれば無料プランでも十分、求職者が集まります。

また、都市部で有料プランを選択した場合でも、リスティング広告よりも格安で効果の高い求人広告を出稿できるでしょう。

日本でも知名度が上がってきているIndeedは人材確保における非常に大きなコスト削減の可能性を秘めています。

これまで、リスティング広告や求人サイトに高額な掲載料を支払っていたのなら、この機会にIndeedの活用が出来る採用サイト作りを検討しませんか?

無料で貴社に必要な機能を盛り込んだ最安値お見積りが出来ます!問い合わせ資料ダウンロードはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

 

※この記事は2020年6月の情報を元に作成しています。

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧