indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

Indeedで上位に表示させるアルゴリズムとテクニック

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

Indeedの画像

Indeedで優秀な人材を確保するには、応募を多く集めることから始めなければなりません。

優秀な人材を確保するためには、応募ページに人を集め、さらに求職者にクリックしてもらう必要があるのです。

「Indeedを始めてみたけど思ったよりクリックが集まらない」「どうしたら応募が増えるの?」といった疑問を解決するために、この記事ではIndeed上位表示の仕組みとそのポイントを詳しく説明していきます。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Indeed表示のアルゴリズム

Indeedの画像

まず知っておきたいのは、「Indeedの求人検索画面上でクリックされやすい位置に表示する」ことが重要であるということです。

スマホでの検索を前提としていて、表示された一番上とスクロールした最後がクリックされやすい部分としてIndeedで表示させています。

Indeedはクリック単価が高ければ高いほど上位表示される傾向にありますが、ただクリック単価を上げればいいわけではありません。

Indeedの表示ロジック(アルゴリズム)は「検索キーワード」「検索している勤務地」「求人情報の閲覧傾向」などの検索する人の情報や検索する端末情報を使って検索結果を表示させています。

このように、見ている求人情報の履歴も使用しながらより応募しやすいターゲットに狙いを定めて求人情報を届けるように操作しているのです。

※あわせて読みたい
Indeedのアクセスを増やす、クリック率(CTR)を上げる方法とは

Indeedでクリックが集まらない理由

Indeedの画像

Indeedは応募に繋がりやすいように操作しながら求人情報を出しているにも関わらわず、なぜ「クリックが集まらない」ことが起きるのでしょうか。

Indeedでクリックが集まらない理由をみていきましょう。

表示されていない

まず初めに考えられることは、求人が見てほしい人の検索画面に表示されていない可能性が高いということです。

Indeedは、Indeedが現在仕事を検索している人と認識し、検索ワードや行動履歴からマッチングしていると認識されなければ、検索結果で求職者の目に留まる位置に表示されません。

自社の求人が掲載中であれば、 まず現状把握のためにIndeed管理画面上の「表示回数」をチェックしてみてみましょう。

自社の求人の表示回数を確認することで、検索画面にどれくらい表示されているのかを定量で知ることが可能です。

関心の強い人に向かって配信できてない

ターゲットとして狙ってない人にも表示され、関心度が低い人にも配信されているということもあります。

クリック単価を増額すると確実に表示回数は増えますが、興味関心の低い人にも配信されるようになるため、クリックにつながるとは限りません。

SNS上で全く興味のない栄養ドリンクの広告がいくら表示されていてもクリックしないのと同じで、ただクリック単価をあげればいいと言うわけではないのです。

表示部分の情報が極端に少ない

検索結果で表示される部分の情報が少ないために、求人が見逃されてしまっている可能性があります。

検索結果画面に表示される文言をみても、「何の求人かわからない」「自分のさがしている求人ではないだろう」と捉えられてしまってはクリックにつながりません。

「求人ページに入っている文言と、検索キーワードがマッチしているかどうか」はIndeed側が上位表示のひとつの判断基準です。

表示部分の文言はみただけで理解できる、明確で簡潔な文言を記載しましょう。

Indeedで求職者の応募を集める3つのポイント

Indeedの画像

Indeedで求職者の応募を集めるにはどうすればいいののでしょうか。

ここからは、3つのポイントを説明していきます。

上限クリック単価を動かしてみる

1週間程度現状把握をしながら、上限クリック単価を上げたり下げたりしてみましょう。

単純に表示回数が足りていないから表示範囲を広げる必要があるのか、 それともよりターゲットを絞った配信をしたほうがクリックにつながりやすいのかを検証します。

上限クリック単価を上げたり下げたりすることを繰り返し、「クリック単価を下げていってもうまく応募が入る、丁度よい単価を見つけることが重要です。

Indeed管理画面上の表示回数目安は1日1000〜2000回台と言われていますが、あくまで目安であるため職種や求人件数によって目指す数値は異なります。

※あわせて読みたい
平均値についても知りたい!IndeedのCPCはどう設定する?

ターゲットが検索&クリックしているキーワードを原稿に入れる

もしIndeedに有料掲載を始めて1ヶ月以上経っているようであれば、「求人アナリティクス」を使って分析しましょう。

求人アナリティクスでは、今まで求人を見た人がどんなキーワードで検索して自社にたどり着いたのかをランキング形式で見ることができます。

分析したキーワードを原稿内に入れ込んで上位表示されたのなら、より関心の強い人に向けて多く表示されるということです。

まだIndeedを始めたばかりの方やこれから始められる方は、求人ノウハウを持っている代理店に相談してみるのもいいでしょう。

※あわせて読みたい
Indeedの応募が増えるキーワードを見つけ方と求人票作成のコツ

評価の高い掲載ページを作る

Indeedに掲載しているページのクオリティの高さは表示位置に大きく関わります。

写真や動画を掲載したり情報を頻繁に更新したり、求人原稿をより求職者目線で詳しく記載するなど、 求職者から見てわかりやすく、欲しい情報が載っているページにすることが大切です。

1度作成したら終わりというものではなく、 分析をしながら改善していかなければならないため、手間や時間がかかります。

そこでおすすめなのが代理店の利用です。

代理店は数多くの案件を扱っており、求人ノウハウやIndeed運用・Web制作などの知識を持つため、大きな力となるでしょう。

※あわせて読みたい
Indeed求人出しっぱなしじゃ効果無し!定期的な内容編集で応募率アップ

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Indeedの求人の掲載方法と、有料掲載・無料掲載の特徴

indeed リスティング広告の画像

Indeedの求人掲載方法は大きくわけて「有料掲載」「無料掲載」があります。

有料掲載と無料掲載それぞれの特徴を確認しましょう。

有料掲載の特徴

【有料掲載の特徴】
・クリック数に応じて課金となる「クリック課金制」でリスクを最小限に抑えることができる
・無料掲載より長く掲載でき、表示回数が多いため、求職者の目に留まりやすくなる
・効果に応じて入札額や上限予算をリアルタイムで調整することができる
・日別・月別のレポートなどパフォーマンスレポートを見ることができる

有料掲載はクリック課金制で、ユーザーのマッチ度に応じて求人を表示する回数が増える仕組みです。

Indeedは運用型広告と似たものにリスティング広告がありますが、リスティング広告はキーワードに入札を付け、Indeedは自社の求人案件に入札を付けるという違いがあります。

入札が高ければ高いほど露出度が高まるため、自社求人を見てもらえる機会が増えるのです。

入札の調整や予算の調整がリアルタイムで自由に行うことができるため、効果や状況に応じてコストの調整ができます。

そのため、一般的な求人サイトのように応募がない、PVが増えない状況でも支払う広告費が発生するようなことはありません。

無料掲載の特徴

【無料掲載の特徴】
・費用がかからない
・求人結果の表示回数や掲載期間が有料掲載より少ない
・既に採用情報がIndeedに読み込まれている場合がある

検索結果の表示回数や掲載期間は有料掲載よりも圧倒的に劣りますが、無料掲載の特徴は何と言っても掲載から採用まですべて無料であることです。

無料掲載には、クローリング型と直接投稿の2通りがあります。

《無料掲載の2つの掲載方法》
1)クローリング型
クローリング型は検索エンジンロボットが自社情報サイトや採用情報を読み込むことでIndeedに掲載される方法です。

Indeed掲載情報を確認してみると、企業側が希望していない場合でも、大手企業や自社で求人サイトを持っている企業のホームページに掲載されている求人情報がIndeedの無料掲載に掲載されている可能性があります。

2)直接投稿
Indeedをチェックしてみて、まだ自社求人情報がIndeedに載っていない場合は、簡易的な求人情報であれば今から登録することが可能です。

直接投稿はテキストのみの形式ですが、無料で求人情報を掲載できます。

自社情報をクリックした時のリンク先を自社ホームページの採用情報にしたい場合は、有料掲載への申込が必要です。

応募者に自社企業への興味を持ってもらうためには、社員インタビューなど、求人票ページだけでは伝えきれない自社の魅力を伝えることができる自社ホームページや自社採用サイトを作成するといいでしょう。

Indeedに対応した採用サイトをつくるコストを気にされているようであれば、自社サイト採用作成システム「トルー」でリーズナブルに御社の採用サイトを作成することをおすすめします。

Indeedを活用しさらに効果をあげる方法

Indeedの画像

Indeedをせっかくやるのであれば、自社のホームページや採用サイトの採用情報のページを分析改善して、より良い内容にしていきましょう。

無料の直接投稿型を利用している場合でも、求人原稿の見直しをすることで効果改善が期待できるのです。

ここからは、データを集計したり分析することが苦手な方でも、Indeedの機能を使い簡単なホームページの効果改善ができる方法を紹介します。

Indeedの求人アナリティクスを効果的に使おう

Indeedの求人アナリティクスでは登録している求人の中でどの職種が1番クリックされているかという職種ランキング、勤務地、検索キーワードなどが確認できます。

データを集計したり分析したりする必要はなく、一目でわかりやすい状態で表示してくれる大変便利な機能なのです。

この求人アナリティクスの情報を使うと、下記の2点の施策が簡単にできます。

・バランスよく検索キーワードランキングのキーワードを求人原稿に盛り込む
ランクインしているキーワードは、非常に検索されやすいキーワードのため、 バランス良く求人原稿内に入れてあげることで、さらに検索される可能性、露出度があがる可能性があります。

また、新しいユーザーに自社求人情報を見せることができるため、興味を持ってもらいやすくなる効果が期待できるでしょう。

・別の職種の導線を職種名ランキングの上位にある求人情報に追加する
ランキング上位の求人情報ページの下に、「自社で募集している他の職種の求人情報導線」をつけてみるのも有効的です。

採用の難しい職種や、早めに採用しておきたい職種、至急採用したい職種など、その時々の状況に応じて内容を変更してみましょう。

Indeedで応募を集めるには上位での表示が必要になります。

そのためにはIndeedのアルゴリズムをきちんと理解しておくこと、その上でIndeedが求める求人情報を作ることが大変重要です。

上位表示させながら、原稿を磨き応募される広告として魅力的に作り上げてけば、効果が得られるでしょう。

トルーを使えば、自動で求人情報がIndeedをはじめとする求人検索エンジンに掲載できるだけでなく、掲載後の分析や改善も行うことができます。

現在採用専用HPがない企業でもイチから採用サイトを制作することができ、 既に採用サイト持っている企業でも「プラグイン」という機能を使えば、既存の採用情報ページが自動でIndeedに掲載されるようにカスタマイズすることも可能です。

Indeed広告の運用代行とセットで利用することももちろん可能ですので、気になる方はお問合せか資料をダウンロードください!

↓詳しくはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
採用サイトを作成するメリット 【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧