indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

Indeedの掲載基準をチェック!掲載されないときの対処法3つ

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

Indeed掲載基準の画像

求人広告を利用しようと思ったときにまず考えることは、「どの媒体を利用すれば効率よく広告の効果を得ることができるのか」ということではないでしょうか。

求人広告を掲載できるサイトは数多くありますが、中でもIndeedは効率よく求人広告を掲載できます。

Indeedの効率の良さは、求人情報に特化した検索エンジンのため、さまざまなサイトに広告を出す手間を省くことができるからです。

今回はIndeedを利用するための基準について解説します。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

無料で求人を掲載できるサイト「Indeed」の概要

Indeed 掲載基準の画像

無料で求人広告を載せることができるIndeedは、いったいどのようなサイトなのでしょうか。

次はIndeedについて詳しく解説していきます。

Indeedとは

Indeedとは、求人情報に特化した検索エンジンのことで、インターネット上にある求人情報を見ることができます。

ほかの求人サイトはすべての求人情報を扱っているわけではないため、希望の求人が見つかるまですべてのサイトをチェックしないといけません。

しかしIndeedではインターネット上にある求人の中から選ぶことができるため、自分の希望にあった求人を見つけやすくなります。

そのため求職者は希望条件を1回入力するだけで、多くの求人広告を効率よく見ることができ、なおかつ企業も複数の求人サイトへ広告を載せる手間が省け、効率よく採用活動を行うことができる、というわけです。

無料の範囲でできること

無料で広告を載せる方法は自社サイトを掲載する方法と、Indeedに直接入力する方法の2つがあります。

広告の掲載・停止をいつでも行うことができるのも特徴です。

ほかにも無料で応募の管理記録もでき、複数の応募があった場合も見落とす心配がありません。

また自社サイトがなくても、独自の求人広告を作成することや、アナリティクス機能が搭載されている企業ページを作成することも無料でできます。

レビューを集めることもできるため、自社のブランディングにつながりやすく、求職者にアピールをしやすいところもおすすめです。

有料にすると可能になること

Indeedでは応募を増やすために有料のスポンサー求人を利用することもできます。

スポンサー求人とは、検索画面に表示されやすくなる広告のことで、無料で求人を載せるときよりも多くの応募を集めやすくなります。

場合によっては、無料掲載より何倍もの効果を得られることもあるため、短期間で募集を行いたいときなどにおすすめです。

スポンサー求人の費用は、求職者が広告をクリックするときに支払いが発生するクリック課金制になっています。

事前に広告費を設定し、その設定した範囲内で支払いが発生するため、効率よく広告を運用することができるでしょう。

自社の求人に興味を持った求職者が広告を閲覧するときに費用が発生するため、効率よく求人情報をアピールすることができます。

また1クリックの単価も自社で設定することが可能で、うまく広告を運用することができれば、少額で採用が決まることがあり、費用対効果が大きいこともスポンサー求人の特徴といえます。

Indeedへの掲載方法2つ

Indeedに掲載する方法は、直接投稿とクローリングの2つです。

ここからは、Indeedに掲載する2つの方法について紹介します。

直接投稿

直接投稿とは言葉の通り、Indeedに求人を直接投稿する方法です。

Indeedに直接投稿する方法は、以下となります。

(1)Indeedのアカウントを作成する
Indeedトップページから「無料で求人掲載する」のリンクに飛び、その管理画面からメールアドレスを使用してIndeedのアカウントを作成する

(2)求人情報を入力する
アカウントを作成したら企業情報を登録する画面に移るため、職種・仕事内容・勤務地などの企業を知る上で必要な求人情報を入力する

(3)求人の応募受付方法を設定する
求人情報を入力した後、求職者の応募書類を受け取る住所を設定するか、応募用のメールアドレスを設定する

加えて、応募方法も履歴書を必要としない「Indeedカンタン応募」と履歴書での応募を希望する「Indeed履歴書応募」のどちらかを選択する

(4)必要な設定を行い、メールアドレスの承認を行う
ここまで設定が終わると予算設定の画面に移るため、無料掲載の場合は何も設定せずに画面下の「有料オプションを利用せずに求人を掲載」をクリックする

「登録者情報の入力」と表示された場合は、会社名や会社のWebサイトのURLなどを入力する

入力して「続ける」をクリックすると、入力したメールアドレスにIndeedからメールが送信される

メール本文にあるリンクをクリックしてメールアドレスの承認を行う

(5)求人票の審査が行われる
メールアドレスがIndeedに承認された後、短くて1時間、長くても72時間で求人票の審査が始まる

(6)審査が通れば求人投稿の手続きが完了する

直接投稿はIndeed内で求人内容の掲載と応募者管理が完結するため、自社の採用サイトを持っていない企業は特に活用していきましょう。

クローリング

クローリングとは「クローラー」といわれるプログラムがインターネット上を巡回して、自動で各企業のサイトの求人ページのリンクからIndeedに情報を紐づける仕組みのことです。

すでに自社の採用サイトを持っている企業であれば、直接投稿で改めて求人票を作成する必要なく、Indeedに求人情報を掲載できます。

※詳しくは【Indeedに掲載される仕組みと運用方法|表示回数が増える条件とは】をご覧ください。

Indeedの求人ガイドラインと掲載方法別の掲載基準

Indeed 掲載基準の画像

Indeedに掲載する方法が分かっていたとしても掲載基準に満たない求人票であれば、Indeedに掲載できない可能性もあるでしょう。

ここからは、Indeedの求人ガイドラインと掲載基準について紹介していきます。

Indeedの求人ガイドライン

まずはじめに、Indeedにおける求人掲載に関するガイドラインを確認しましょう。

求人に関する規約で最も重要な2つのガイドラインと、例外を確認してください。

(1)求人情報に限定していること
研修や教育の案内、マルチ商法、応募を終了している求人など、求人情報以外の投稿はできません。

(2)正確で詳細な求人であること
嘘や誤解を招くような求人情報、または情報が不十分な求人内容ではIndeedには掲載されません。

クリックさせることだけを目的に、自社と無関係な職種名や業務内容をキーワードとして設定せずに、自社の職種名や職務内容は具体的で正確な名称と形式で書きましょう。

その他:権限のある当事者からの求人であること
Indeedでは当事者でない第三者による求人コンテンツの使用・転載は認められておらず、Indeedに掲載される求人はすべて、自社から提供された情報やサイトでなくてはいけません。

自社に代わって第三者が採用活動を行う場合は、求職者にわかるよう自社と第三者の代理関係を明示しましょう。

《直接投稿》5つの掲載基準

次に、Indeedに直接投稿する場合の掲載基準を紹介します。

コミュニケーション規約

コミュニケーション規約とは、求職者がIndeedで求人の情報を得る際、その人の職務経験や希望する仕事にあった求人が表示されるようにする規約です。

また、企業による求職者の個人情報の不正利用や、選考中に必要のない金銭のやり取りがないよう取り決められています。

応募に関する規約

求職者が簡潔に求人応募までできるようにする規約です。

Indeedにある「応募ボタン」をクリックしてから、該当職種の応募画面に直接移動できる応募画面への行きやすさとプライバシーについての規約が書かれています。

差別に関する規約

「求職者の業務スキルが適正に評価されるべき」という考えのもとでIndeedは運営されています。

Indeedは業務で発揮する能力とは関係ない理由で、応募が制限されてしまう求人情報を載せることはできません。

合法性に関する規約

Indeedで掲載される求人情報は、合法的なものに限られています。

労働基準法や、労災保険法など、雇用者が守らなければならない法律に反する内容はIndeedでは掲載できないのです。

また採用後でも、従業員に法に触れる可能性がある業務内容を指示してはいけません。

プラットフォームの不正使用に関する規約

故意にIndeed上で表示されている求人情報の順番を操作して自社の求人情報が上位にくるようにする行為は規約違反です。

そのほかIndeedの掲載基準を回避して規約に違反した求人内容を掲載できるシステムの開発は禁止されています。

《クローリング》7つの掲載基準

クローリングの場合でのIndeedの掲載基準は以下です。

求人情報はホームページの形式(HTML)であること

Indeedのクローリングによって読み込めるのは、HTMLと言われるホームページの形式の求人情報のみです。

画像やPDFファイルなどのHTML形式ではない情報はクローラーがホームページの内容をHTMLで読み取れないため、掲載できません。

求人情報には応募ボタン等の応募がすぐにできるものが用意されてること

Indeedは、求人情報を見た求職者が簡単に応募できることが良い求人サイトであるとしています。

逆に求人情報に応募ボタンのようなすぐに応募できるシステムがないと、Indeedの審査に通らず表示されない可能性があるのです。

その求人情報に関する勤務地、会社情報、条件などが完全に記載されていること

職種や勤務地が記載されていることだけでなく、仕事内容や雇用形態、給与、勤務時間などの細かいところまでも、もれなく記載する必要があります。

1職種1勤務地で各求人を別々のURLで作成されていること

Indeedは他の求人媒体と違い、1つの企業内に複数の勤務地や職種求人を掲載する場合、求人情報を1ページにまとめて掲載することができないのです。

例えば、チェーン店でのアルバイト募集の場合、同じ企業であっても1勤務地につき1つのURLが必要になります。

求人サイトURLを勤務地や職種で別々にするように促すのは、Indeedがキーワードと勤務地を入力して条件に合う求人を検索するサービスだからです。

求人広告のリンク先は求人会社のサイト等の独自サイト以外から転送しないこと

Indeedに表示させる求人ページは、自社サイト独自のものである必要があります。

別の求人広告媒体に自動転送することなく、自社の求人ページへのリンクを設定しましょう。

仕事内容を見るためにユーザー登録が必要などの行為はしないこと

Indeedは、求職者が手軽に求人に応募できることを求めています。

会員登録することでしか求人情報を得られない求人ページはIndeedには掲載できません。

求職者が求人への応募を無料でできること

Indeedは、求人サイトに対して手軽なものを好む傾向にあります。

会員登録だけでなく、登録や応募するときに料金が発生する仕組みのページは規約違反です。

※詳しくは【【必見】Indeed(インディード)の求人掲載方法と6ステップ】をご覧ください。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Indeedに掲載されないのはなぜ?原因3つと対処法

Indeed 掲載基準の画像

ここまで、Indeedに求人を掲載する方法と、掲載する基準について紹介しました。

これまで紹介した方法で試していたにも関わらず、Indeedに掲載されなかった方もいるかもしれません。

ここからは、Indeedに掲載されない原因と対処法について紹介します。

原因1:自社サイトがIndeedの掲載基準を満たしていない

Indeedに掲載されない原因に、そもそも作成した求人用の自社サイトがIndeedの掲載基準を満たしていない可能性が挙げられます。

1職種・1勤務地で1つの求人サイトのURLが必要であることや勤務地の住所が番地まで詳細に記載されていることなど、Indeed特有の掲載基準があり、ほかの求人サイトと違うことがあるため、基準違反をしないように注意が必要です。

対処法:求人内容を調整する

対処法としては、掲載基準を満たす求人にするために作成した求人サイトの内容を調整する方法があります。

Indeedに掲載できるかどうか求人内容を今一度見直して、適宜情報を修正・変更しましょう。

原因2:規約違反をしている

Indeedに掲載されない2つ目の原因は、掲載しようとしている求人がIndeedの規約に違反しているためです。

Indeedは、質の高い求人を求職者に届けることを目指しています。

ガイドラインを守っていない質の低い求人情報が求職者に届かないようになっているため、求人情報が不十分だったり、嘘の多いものであると規約違反としてIndeedに掲載されません。

対処法:求人内容を見直す

規約違反してIndeedに掲載されていなかった場合、求人内容を見直す必要があります。

求人内容に嘘をついて求人ガイドラインに抵触してまで求職者の応募を増やすより、確実に真実を求職者に伝えて、安心と信頼で応募を増やしましょう。

原因3:審査中・クロール待ちの状態である

求人に原因がないにも関わらずIndeedに求人が掲載されないのは、作成したアカウントが審査中または、自社サイトがクロール待ちの状態である可能性があります。

対処法:問い合わせフォームから確認する

審査中・クロール待ちの可能性があるかどうかを確認するには、「採用企業ヘルプセンター」を活用しましょう。

「採用企業ヘルプセンター」は、Indeedに関する疑問を解決できるリンクがカテゴリー化されています。

Indeedに問い合わせできるメールや電話番号が記載されているカテゴリーは「Indeedについて」カテゴリーにある「Indeedに問い合わせる」です。

それでも掲載されないなら代理店への依頼を検討しよう

ここまでの原因を改善してもなおIndeedに掲載されない場合は、代理店に依頼してIndeedを活用しましょう。

代理店は予算管理や掲載手続きを代行してくれるため、求人広告を運用する手間が省けるメリットがあります。

また代理店は求人の表示回数や応募率をあげるノウハウを持っているため、Indeed運用での悩みが軽減されるでしょう。

代理店に依頼するデメリットとして、運用業務を代行する費用が発生することや、代理店によって運用実績に差があることが挙げられます。

自社内で行う場合と代理店に任せる場合のメリットデメリットを考慮して、 自社にとって最善の方法を選択しましょう。

※詳しくは【Indeed掲載方法と注意点|応募が増える効果的な求人とは】をご覧ください。

まとめ

Indeed 掲載基準の画像

Indeedに求人が掲載されなかった場合には、掲載基準や利用規約、審査の状態などを今一度確認してみると良いでしょう。

Indeedは、掲載基準を把握することで無料で広告を載せることができ、複数の求人サイトを利用せず応募者を効率よく集めることが可能です。

求人作成はできても手続きや掲載が難しく思われる場合は、Indeedに求人を掲載し効率運用ができるトルーがおすすめです。

トルーは、採用サイトを特別なスキルなしで誰でも簡単に制作でき、求人原稿の登録・複製、応募管理が一括で行えます。

月々1.5万円から採用サイト制作ができ、サイトへの集客のお手伝いからトルーの利用方法のサポート、Indeed運用での悩みまで、貴社専属のカスタマーサポートが導入のお手伝いをします。

採用サイト制作の無料お問い合わせ、資料ダウンロードはこちら↓

月々1.5万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1.5万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1.5万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2022年2月現在の情報を元に作成しております。

 

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧