indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

採用サイトが作成できるサービスを徹底解説!種類やメリットは?

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

採用 サイト 作成 サービスの画像

求人募集に特化した採用サイトは、作成サービスを利用すると簡単に作成することができます。

しかし採用サイト作成サービスをどのように選べばよいか悩む人もいるでしょう。

この記事では採用サイト作成サービスの種類や選ぶポイントからメリットデメリットまで詳しく紹介します。

採用サイト作成サービスについて知っておくべきこと

採用 サイト 作成 サービスの画像

採用サイト作成サービスを利用するにあたり「採用サイト」や「採用サイト作成サービスの概要」、「採用サイトを作成する必要性」の3つを理解しておく必要があります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

そもそも採用サイトとは

採用サイトとは、求人募集に特化したWebサイトのことで、自社への入社を希望している求職者に対して仕事内容や給与形態などのさまざまな情報を発信することができます。

インターネットが普及したことによって、Web上で求人情報を探す人は少数派ではなくなりました。

採用サイトを作成することで、インターネット上で情報を探している求職者に見てもらえるだけでなく、求職者が知りたい情報を届けることができるです。

求職者にとって身近に感じやすい採用サイトを作成できれば、自社のイメージや魅力をより伝えることができ、求める人材を確保しやすくなるでしょう。

採用サイトは企業の基本情報のみならず、仕事内容・勤務地や社員の様子・福利厚生など、求職者が自社に魅力を感じ、求人に応募したくなるようなコンテンツを掲載することが求められます。

採用サイトは求人媒体とは異なり、サイト作成に規則やルールなどの制限がないため、自社の雰囲気に合わせたデザインやコンテンツを掲載したサイトが作成可能です。

自社採用サイトは一般的な求人サイトと異なり、求人情報の掲載期間も決まっていないことから、企業が自由に採用サイトを運営できることも大きなメリットでしょう。

採用サイト作成サービスとは

採用サイト作成サービスとは、その名のとおり、採用サイトを作成してくれるWebサービスです。

採用サイト作成サービスは、一般的なWebサイトを作成する制作会社とは異なり、採用支援を目的としています。

採用サイト作成サービスは採用サポートの実績を多く保有していたり、求人広告の掲載や採用アウトソーシングなどのサービスを用意していたりと、制作会社とは違う仕組みが特徴といえるでしょう。

採用サイトを作成する必要性

なぜ企業には採用サイトを作成することが求められるのか、企業が採用サイトを作成する必要性について紹介します。

求人者の多くが採用サイトを見て判断している

総力特集!月刊「人事のミカタ」転職活動者の9割が企業HP、7割が採用HPから企業研究をすると回答!「ゼロからはじめる「採用情報」発信術」によると、約9割の求職者が企業のホームページを閲覧しているというデータもあるように、求職者の多くは採用サイトを確認してから求人に応募しています。

求職者は求人サイトに掲載している求人情報だけではわからない、社内の様子や働いている人の声などを確認したいと思い採用サイトに訪問するのです。

採用サイトを作成することで、自社の考えや魅力を求職者にアピールできるでしょう。

企業サイトと採用サイトをわけると、仕事内容や給与形態などの求人に特化した内容を発信することができます。

採用サイトを作成することで、ほかの求人媒体に頼らなくても、求職者に対して発信したい内容を自由に届けることができるのです。

求人情報を発信する際は、実際に働いている人の声や賞与、福利厚生など求職者が知りたいと感じている情報を選んで掲載します。

自社が伝えたい内容ばかりを発信している採用サイトは求職者にとって魅力的なサイトとは言いにくく、求職者が自社に魅力を感じなければ人材は集まりません。

求職者にとって、どのような情報が必要か見極めながら採用サイトを作成することが大切です。

採用サイト作成サービスを利用する3つのメリット

採用 サイト 作成 サービスの画像

採用サイト作成サービスを利用するメリットは「クオリティの高い採用サイトを簡単に作成できる」「理想の採用サイトを作れるサービスを見つけやすい」「採用活動にかかる時間を短縮できる」の3つがあります。

それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

クオリティの高い採用サイトを簡単に作成できる

採用サイト作成サービスを利用すると、デザインの専門知識を持ったデザイナーや文章力のあるWebライターなど専門の知識を持った人が採用サイトを作成してくれるため、クオリティの高い採用サイトを簡単に作成できます。

求人媒体を利用した場合は、掲載内容を自由にアレンジすることができませんが、採用サイト作成サービスを利用すると自社の雰囲気に合わせて採用サイトの作成が可能です。

採用サイト作成サービスを利用することで、他社との差別化を図りながらクオリティの高い採用サイトを作成できるでしょう。

業者が多い分、理想の採用サイトを作れるサービスが見つかりやすい

採用サイトのデザインやコンテンツなど、それぞれの採用サイト作成サービスによって提供する内容が異なるため、自社の理想とする採用サイトを作成してくれるサービスを見つけやすいでしょう。

自社の雰囲気に合わせた採用サイトを作成してくれるサービスを選ぶことで、求職者が入社後に「思っていた雰囲気と違う」「仕事内容が違う」などと感じて、早期退職してしまうリスクを減らすことができるのです。

自由に自社の魅力をアピールできるサイトだからこそ、自社の雰囲気に合わせた理想の採用サイトの作成が重要となります。

手間をかけることなく時間短縮ができる

自社で採用サイトを作成するとWebサイトを作成するための専門知識が必要となるだけでなく、採用サイトのデザインや文章などをすべて決める必要もあるため、作成に時間がかかるでしょう。

採用サイト作成サービスを利用すれば、デザインや文章など、自社の雰囲気に合わせて作成してくれるため、Webサイトを作成する専門知識が必要ありません。

そのため自社で採用サイトを作成するよりも、短い時間で採用サイトを作成することができるのです。

採用サイト作成サービスを利用する3つのデメリット

採用 サイト 作成 サービスの画像

採用サイト作成サービスを利用することで「費用がかかる」「コンテンツ作成に時間がかかる」「応募数が増えない可能性もある」の3つのデメリットが考えられます。

それぞれのデメリットについて詳しくみていきましょう。

費用がかかってしまう

採用サイト作成サービスに依頼すると制作費用が高額になることもあるため、自社の採用希望人数が少ない場合は費用対効果が予算と合わない場合もあるでしょう。

作成した採用サイトを修正・改善したい場合は別途費用が必要になるため、採用サイトを運営・維持するにも費用がかかります。

採用したい人数と予算を考慮して、採用サイト作成サービスを利用しましょう。

コンテンツ作成に時間がかかってしまう

採用サイト作成サービスを利用しても、すべてのコンテンツを作成してくれるわけではありません。

たとえば、社員のインタビュー動画・代表者のあいさつのコメント・社内の雰囲気がわかる写真など、社内の魅力を伝えるためのコンテンツは自社で用意する必要があります。

採用サイト作成サービスの中には、すべてのコンテンツの作成請け負ってくれるところがあるかもしれません。

しかし自社の魅力は自社で働く人が伝えることで求職者に伝わりやすくなるため、時間がかかっても自社でコンテンツを作成し、求職者に自社の魅力が伝わるよう工夫しましょう。

応募数が増えない可能性もある

採用サイトを作成したからといって、求人への応募が増えるわけではありません。

求人媒体への露出を増やすことで、求職者に対してアピールでき、企業に興味・関心を持ってくれた求職者を増やすことができます。

多くの求職者に自社のアピールができれば、求人サイトからのリンクやGoogleなどの検索エンジンから自社採用サイトへの訪問を増やすことが可能です。

採用サイトを通して求職者に自社の魅力をさらに伝えることができれば、求人応募が増える可能性が高くなります。

このように、採用サイトを作成し求人媒体を活用すれば求人応募が増えやすくなるでしょう。

採用サイト作成サービスの2つの種類

採用 サイト 作成 サービスの画像

採用サイト作成サービスは大きく分けて「高コストで大企業に依頼」と「低コストで中小企業に依頼」の2種類があります。

2つの違いを確認しましょう。

高コストで大手企業に依頼する

大手企業に採用サイトの作成を依頼すると、多くの採用サイトを手がけた実績のあるWebデザイナーにサイトデザインを行ってもらえるなどのように、各分野のプロに対応してもらうことが可能です。

大手企業であれば構成やデザイン、文章の執筆など対応できる範囲が広く、各分野のプロが対応することによって高品質の採用サイトが完成します。

一方、中小企業だと1人が複数の分野を兼任する場合が少なくなく、文章はほかの企業に依頼する、といった他社の力を借りながら作成することもあるのです。

大手企業のように依頼した企業内ですべて完結することができれば制作面のコスト削減や納期短縮にもつながりますが、多くのプロを自社内で抱えながら運営しているため、制作費用が高額となってしまうことがデメリットでしょう。

低コストで中小企業に依頼する

中小企業は大手企業と比較すると、サイト作成に関わる人が少ないため制作費を抑えることができます。

デザインに自信がある企業やSEOに特化している企業など、中小企業によって採用サイトを作成するうえでの強みが異なるため、自社が求める採用サイトを作成してくれる企業に依頼しましょう。

自社の採用サイトをどのように仕上げていきたいか明確にし、理想の採用サイトを作成してくれる企業を見つけることがポイントです。

採用サイト作成サービスを選ぶ2つのポイント

採用 サイト 作成 サービスの画像

採用サイト作成サービスを選ぶポイントは「目的を明確にしておくこと」「イメージを具体的に伝えること」の2つです。

それぞれのポイントについて解説します。

作成する目的を明確にしておく

採用サイトを作成する目的は、人材を集めることです。

自社に来てほしい理想の人材を集めるためにも「どのような人材に来てほしいのか」を明確にしておきましょう。

たとえば新卒者と中途採用でも求人の採用条件は異なるでしょうし、求職者に来てほしい部署が決まっているのであれば、コンテンツの内容を部署に合わせて作成できます。

連絡・相談・報告のいわゆる「ほうれんそう」を行うことができる人やコツコツ真面目に頑張って働く人など、人柄を重視する場合も少なくないため、どのような人材を採用して欲しいかを働いている社員に聞いてみることもおすすめです。

実際に働いている人の声を採用サイトに反映することで理想の人材を見つけやすくなり、よりよい職場環境を作るきっかけにもなるでしょう。

作成してほしいイメージを具体的に伝える

採用サイト作成サービスに依頼する際は、「サイトデザインをどのようにしたいか」「自社のロゴはどのように掲載するのか」など採用サイトの仕上がりイメージを具体的に伝えることが大切です。

採用サイトの仕上がりイメージを伝えなかった場合、自社の雰囲気に合わないサイトに仕上がってしまう可能性も少なくありません。

具体的なイメージが思いつかない場合は、他社の採用サイトをいくつか閲覧し、自社の雰囲気に合うものや、取り入れたいポイントなどを参考にすることがおすすめです。

まとめ

採用 サイト 作成 サービスの画像

採用サイトを作成することで、求職者に届けたい内容に絞った情報を発信することが可能です。

自社で採用サイトを作成すると時間も手間もかかってしまう場合も、採用サイト作成サービスを利用することで効率よく採用サイトの作成ができます。

採用サイト作成サービスは、採用サイトの目的とイメージを明確にしてから依頼することで、自社にあった採用サイト作成サービスを選ぶことができるでしょう。

自社の理想とする採用サイトを作成してくれる採用サイト作成サービスを見つけ、良い人材を確保してくださいね。

採用サイトの作成なら「トルー」にお任せください!

「トルー」なら、Indeedをはじめとする6大求人検索エンジンに自動で連携される自社採用サイトの制作が月1万円から可能です。

既存の自社採用サイトに「トループラグイン」機能を使って、Indeedと自動連携される求人情報ページを追加制作することもできます。

↓詳しくはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2021年3月現在の情報を元に作成しております。

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧