indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

求人サイトのSEO対策で、効率よく採用を行う方法

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

採用 サイト 求人 SEOの画像

自社採用サイトへの求人応募を増やす方法のひとつにSEO対策があり、広告費をかけずに求人応募を増やせる可能性を秘めています。

しかし、「採用サイトにSEO対策を行えば求職者は集まるの?」「そもそもSEO対策って何?」と感じる人もいるでしょう。

この記事ではSEO対策とはどういった方法なのか、自社採用サイトにSEO対策を行うメリットやデメリットなどについて解説します。

求人サイトのSEO対策とは?

採用 サイト 求人 SEOの画像

自社採用サイトに行うSEO対策とは、どのような方法なのでしょうか。

SEO対策の基礎知識や、自社採用サイトにSEO対策が必要な理由を解説します。

SEO対策の基礎知識

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使用して検索を行った際に、自社の採用サイトを検索結果一覧の上位に表示させる方法です。

SEO対策をすることで、自社の採用サイトを検索結果一覧の上位に表示できれば、求職者の目に留まりやすくなり、より多くの集客が期待できます。

検索エンジンはユーザーにとって価値のあるコンテンツを検索結果一覧の上位に表示させるため、求職者が知りたい情報や求職者の役に立つ情報など「ユーザーである求職者に対して価値のある情報」を掲載することが重要です。

自社が採用サイトを作成する際は、ユーザーが「なぜこのキーワードで検索しているのか」「このキーワードで検索する人はどのような悩みを抱えているのか」などの検索意図をくみ取り、ユーザーが満足できるコンテンツを作成することがSEO対策を行ううえでポイントとなります。

自社採用サイトにSEO対策が必要な理由

自社採用サイトとは何か、なぜ自社採用サイトにSEO対策が必要なのかを説明していきます。

自社採用サイトとは

自社採用サイトとは求職者に自社の魅力を伝えながら、求人情報を掲載しているサイトです。

自社採用サイトは求人サイトとは異なり、雇用条件や社内の雰囲気など求職者に伝えたい内容を自由に作成できます。

応募時や採用選考時など入社するまでに自社の情報を詳しく伝えておくことで、入社後に業務内容や社内の雰囲気の違いなどのギャップを感じにくくなるでしょう。

自社採用サイトを通してさまざまな情報を発信できれば、「イメージと違う」「こういう予定ではなかった」といった求職者とのミスマッチを防ぎ、早期退職を減らすことに役立つのです。

SEO対策の必要性

採用サイトを作成し自社が伝えたいことを発信しているだけでは、求人応募は増えないかもしれません。

採用サイトを求職者に見てもらうためには、求人媒体を活用したりSEO対策を行ったりして求職者が採用サイトを目にする機会を増やす必要があるのです。

求人媒体に求人情報を掲載するためは広告費がかかるため、求人媒体を使用するだけでなくGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果の上位表示されるようSEO対策を行いましょう。

検索エンジンで企業名を直接調べる求職者は自社への興味や関心が高い可能性があります。

高額な費用をかけて採用サイトを作成したりデザインにこだわった採用サイトを作成したりしても、検索結果一覧の上位に表示されなければ求職者の目に留まりにくいばかりか、求人応募のチャンスを失ってしまうかもしれません。

求職者に自社採用サイトへの訪問を促すためだけでなく求人応募のチャンスを逃さないためにも、自社採用サイトにSEO対策は必須なのです。

詳しくはこちら:ダイレクトリクルーティングの成功に必要不可欠!カギは「採用サイト」にあり!

求人サイトSEO対策のメリットデメリット

採用 サイト 求人 SEOの画像

自社の採用サイトにSEO対策を行うと、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリットやデメリットを理解し、自社にとってSEO対策が必要なのか判断することが大切です。

SEO対策のメリット

採用 サイト 求人 SEOの画像

費用がかからない

広告を利用して求職者を集める場合は、広告費がかかります。

広告によって費用形態は異なり、広告を掲載する時点で費用がかかるものやユーザーが広告をクリックしたときに費用がかかるものなどさまざまです。

しかしSEO対策を自社で行えば費用をかけずに済むため、SEO対策で求職者を集めることができれば広告費の削減につながります。

作成したコンテンツが自社の資産になる

自社採用サイト内に掲載したコンテンツは自社でサイトを削除しない限りインターネット上に半永久的に残り続けるため、コンテンツ自体が資産になります。

一方Web広告は、掲載費用が終了しWeb広告の配信を止めてしまうと、掲載した求人を見ることができなくなります。

SEO対策を行った自社採用サイトは自社の資産となり、半永久的に求職者を集め続けてくれるでしょう。

自社の魅力が伝えられる

SEO対策を行うと検索エンジンの評価が高め、狙ったキーワードで表示されやすくなるため、求職者の目に留まりやすくなります。

SEO対策を行い検索結果一覧の上位に表示されると、多くのユーザーに自社のことを認知してもらえ、自社の魅力をアピールできるのです。

自社の採用サイトには自社内の雰囲気がわかる写真やエピソードなどのコンテンツも豊富に掲載されているため、多くのユーザーに知ってもらえればもらえるほど自社への興味・関心を高め、求人応募数アップが期待できます。

SEO対策のデメリット

採用 サイト 求人 SEOの画像

即効性がない

Web広告は広告費を払えばすぐにインターネット上に掲載されることが少なくありません。

しかしSEO対策は即効性はなく、コンテンツを作成する時間や検索エンジンに評価される時間など、検索結果一覧の上位に表示されるまでに時間がかかります。

そのため今すぐ人材を確保したい場合はSEO対策は不向きといえるでしょう。

自社がほしい人材以外も集まる

採用サイトが検索結果一覧の上位に表示されると、さまざまなユーザーが集まりやすい状態になります。

問い合わせだけ行い返信をしない求職者もいるように、求人応募に集まる人がすべて質のよい求職者ばかりではありません。

自社が求める人材だけに求人情報を届けるには、Web広告のほうがよい場合もあります。

コンテンツを作成する必要がある

採用サイトに掲載するコンテンツを作成するために、時間や労力がかかることもデメリットといえるでしょう。

社内の様子や働く人の実際の声を集めるなど、コンテンツを作成するために行うことはたくさんあります。

自社で働く人が作成することで実際の声を反映しやすく自社の魅力を伝えやすくなるため、時間や労力がかかってもできる限り自社でコンテンツ作成を行うことがおすすめです。

採用サイトを運用し続ける必要がある

コンテンツを作成したら採用サイトの運用が終わりではなく、更新され続けるSEOの評価基準に対応していくことが必要です。

求職者は求人媒体を使用して、求人情報を検索する場合が少なくありません。

自社採用サイトはSEO対策を行い訪問者数が増えても求人応募にはつながりにくいこともあるため、求人媒体とSEO対策を行った自社の採用サイトを併用して運用していくことがおすすめです。

求人サイトSEOでやっておくべきこと

採用 サイト 求人 SEOの画像

SEO対策はどのように行うかを、SEO対策の事前準備からコンテンツ作成まで解説します。

SEO対策を実施する手順

ペルソナの設定

自社の求める人材に求人情報が届くように考えながらSEO対策を実施することでターゲットに求人情報が届きやすくなるため、まずは自社の採用サイトに訪問してほしい「ペルソナ」を設定しましょう。

ペルソナとは自社の採用サイトに訪問してもらいたい架空の人物像で、年齢、性別、家族構成など、詳しく設定します。

ペルソナを具体的に設定することで、「どのようなコンテンツが必要か」「どういった悩みを持っているか」など、作成すべきコンテンツが明確になるのです。

例1)ペルソナ「30代女性」育休・産休制度が気になる人なのでは?
例2)ペルソナ「50代男性」退職金の情報が知りたいのでは?

このように自社の求める人材を明確にすることで、求職者の満足度を上げられるコンテンツを作成でき、良質な採用サイトを作成できます。

キーワードの選定

ペルソナが決まったらペルソナがどのようなキーワードを入力するのかを考えて選定していきます。

例)「30代 女性 育休中」をペルソナに設定した場合
キーワード:時短勤務、土日祝日休み、保育所完備など

このように、考えられるキーワードの中から自社の仕事内容に合わせたキーワードを選ぶことが重要です。

キーワードを選ぶ際は、Googleサジェストを参考にするのもよいでしょう。

Googleサジェストを使用すると入力したキーワードとよく一緒に検索されるキーワードが表示されるため、キーワードを選定するときの参考にできます。

コンテンツのイメージを決める

ペルソナやキーワードが決まったら、コンテンツのイメージを決めます。

コンテンツを作成する際は「ペルソナにはどのような情報が必要か」「ペルソナに役立つ情報とはなにか」など、ユーザー目線で考えることが重要です。

ユーザー目線でコンテンツを作成することで、検索エンジンの評価や求職者の満足度も上がりやすくなるでしょう。

詳しくはこちら:indeedの応募が増えるキーワードを見つけ方と求人票作成のコツ

SEO対策に有効なコンテンツ

採用 サイト 求人 SEOの画像

SEO対策で評価されやすいコンテンツは、求職者が知りたい情報を掲載したコンテンツです。

自社が発信したい内容をコンテンツにするのではなく、求職者の知りたいことや悩みを解決することで、検索エンジンに評価されます。

職種や仕事内容のほか、社員のインタビュー、会社の紹介など、求人に関する内容以外の情報も掲載するのがおすすめです。

社員のインタビューのように実際に働いている人の声を聞くことで、職場のイメージや社内の様子を求職者に伝えやすくなります。

ほかの求人媒体では伝えきれない社内の様子がわかる写真や動画、自社で働く社員のリアルな声を掲載すると、求職者に興味を持ってもらえるでしょう。

求人情報は細かく記載する

幅広いキーワードで検索されたときでも、検索結果に表示されより多くの求職者の目に留まりやすくなるため、求人情報を細かく記載するのがポイントです。

たとえば勤務地、最寄りの駅、勤務時間、福利厚生などの情報はもちろん、そのほか会社の周辺地域に合わせた内容など記載できる情報は詳しく書きましょう。

会社の近所の情報を掲載することで、自社の求人に直接関係のない内容でも会社の周辺情報を検索したユーザーが採用サイトを訪問することがあります。

求人情報を細かく記載しておけば、会社の周辺地域に住んでいる人や訪れた人に自社をアピールできるチャンスが増えるのです。

詳しくはこちら:≪採用サイト作成のコツ≫他社と差別化する3つポイントと参考にしたいサイト

求人サイトSEOで注意しておくこと

採用 サイト 求人 SEOの画像

SEO対策を行っても「検索結果一覧の上位に表示できない」 「人材確保につながる効果を感じられない」などと悩む人もいます。

SEO対策に失敗しないために、失敗事例を確認して対策しましょう。

SEOの失敗事例

ターゲットや目的が明確になっていない

採用サイトを作成する際に「誰に向けたコンテンツなのか」が明確になっていないとユーザーの満足度が上がらず、検索エンジンに評価されにくくなってしまいます。

検索エンジンはユーザーにとって良いコンテンツを評価し検索結果一覧の上位に表示するため、求職者にとって必要な情報が掲載されていないと、ユーザーの満足度は上がらず、質の低いコンテンツと判断されてしまうのです。

自社が伝えたいことだけを詰め込んだコンテンツではなく、自社に来てもらいたい求職者がどのような情報を求めているか考慮し、求職者の検索意図をくみ取ったコンテンツ作成が重要となります。

採用サイトのペルソナを具体的に設定し、ペルソナが必要とする情報を網羅するコンテンツを作成しましょう。

SEO対策に不向きな構造になっている

検索エンジンはタグを読み取り、「どのような記事なのか」「どこに何が書かれているのか」を把握します。

SSEO対策を行う上で重要なのは、記事タイトルを指す<title>タグや見出しを指す<h>タグやリッチリザルト(※)が適切に設定されているかどうかです。

リッチリザルトとは、通常の検索結果よりもより詳しい情報をテキストや画像、動画などを使って、通常よりも多くの情報をユーザーに表示する機能を指します。

例えばコンテンツの階層構造を正しく表すために使用される「hタグ」はh1からh6まで6種類ありますが、h1→h2→h3→h4→h5→h6のように順番を守らなければなりません。

S階層構造を正しく設定することで、「見出しの始まりと終わりはどこか」「ページ内で最も伝えたいことは何か」「この文章は何についての補足説明なのか」を伝えることができるのです。

タグやリッチリザルトを適切に使用していると、検索エンジンに読み取ってもらいやすくなるだけでなく、ユーザーへも理解しやすくなる効果があります。

このように、SSEO効果を高めるためには、採用サイトが検索エンジンが読み取りやすい構造になっているか、またユーザーが理解しやすくわかりやすくなっているかが重要です。

求人サイトのSEOは応募者増につながりにくい

採用 サイト 求人 SEOの画像

求職者はGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使用して求人情報を検索することは少なく、求人媒体を利用して、求人情報を探すことが一般的です。

そのため採用サイトを作成しても、SEO対策のみでは求人応募は増えにくいでしょう。

採用サイトを作成したら、SEO対策とあわせてIndeedなどの求人検索エンジン(求人情報に特化した検索エンジン)を活用することがおすすめです。

一般的な転職サイトではサイト内の求人情報しか閲覧できませんが、求人検索エンジンを利用するとインターネット上にある求人情報を閲覧できるのです。

Indeedなどの求人検索エンジンを活用することで、採用サイトに流入してくる求職者を増やしやすくなります。

SEO対策は続けることが重要

SEO対策は1度行って終わりではなく、SEO対策を成功させるためには長期的な採用サイトの運用が必要なのです。

長期的に採用サイトを運用することでコンテンツも蓄積され、検索エンジンの評価につながります。

コンテンツをこまめに更新する

コンテンツに掲載されている情報が古くなっていないか、こまめに確認し更新しましょう。

求職者は新しい情報を求めているため、求人情報や事業内容などの情報に変更があった場合のように公開した記事も情報の見直す必要があります。

更新が止まっていると検索エンジンに古い情報だと評価されるため、定期的な更新が重要です。

被リンクを獲得する

ほかのWebサイトに紹介してもらい被リンクを獲得することも、SEO対策には有効です。

被リンクとは自社のサイトではない外部のサイトからリンクを貼ってもらうこと、すなわち外部のサイトで自社のサイトを紹介してもらえるということになります。

外部のサイトで紹介してもらえるWebサイトは、よいサイトだとGoogleの検索アルゴリズムに評価されるのです。

外部のサイトで紹介してもらうためには、良質なコンテンツを作成し続ける必要があるでしょう。

まとめ

採用 サイト 求人 SEOの画像

自社の採用サイトを作成してもすぐには求職者のアクセスが集まりにくいため、求人への応募を集めるためのSEO対策が重要です。

ただやみくもにSEO対策を行うのではなく、自社の求める人材に向けたコンテンツを発信していくことで、検索エンジンで求人情報を検索した求職者に自社をアピールできるでしょう。

しかし、いざ採用サイトを作成で求人を行おうと思っても、「採用サイトの作成したいけどどうしたらいい?」「何をどうしたらいいのかわからない」と不安に感じるかもしれません。

トルーを使えば、自動で求人情報がIndeedをはじめとする求人検索エンジンに掲載できるだけでなく、掲載後の分析や改善も行うことができます。

現在採用専用HPがない企業でもイチから採用サイトを制作することができ、 既に採用サイト持っている企業でも「プラグイン」という機能を使えば、既存の採用情報ページが自動でIndeedに掲載されるようにカスタマイズすることも可能です。

 Indeed広告の運用代行とセットで利用することももちろん可能ですので、気になる方はお問合せか資料をダウンロードください!

↓詳しくはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
採用サイトを作成するメリット 【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2021年4月現在の情報を元に作成しております。

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧