indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

Indeedでの採用成功の鍵はデータの分析にあり

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

Indeed 分析の画像

Indeedに求人を掲載したものの期待するほど求人への応募が来ないという悩みを持つ人事担当者もいるでしょう。

Indeedに求人を掲載しても応募が来ないということは、もしかしたら自社の求人情報に対する分析が足りていないかもしれません。

この記事ではIndeedに掲載している求人広告が抱える問題を解決し採用を成功させるために、求人データの分析方法について解説していきます。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

採用の成功は求人データ分析が重要

Indeed 分析の画像

求人を出すだけで、期待する採用の成果が得られるわけではありません。

求人の動向を分析し浮かび上がった課題を解決していくことで期待する求人の成果に近づけられるのです。

求人データを分析する理由と、分析に必要なデータとは何かを解説していきます。

求人効果の分析が必要な理由

求人情報をIndeedに掲載できても、求人情報を掲載しただけでは採用につなげることは難しいかもしれません。

求人効果を高めるためには、求人情報が閲覧された数やユーザーにクリックされた数など、掲載した求人情報の状況を解析して課題を解決することが必要です。

求人状況を数値で管理することで、現状が採用の目標に対してどのくらいの過不足があるのかを明確にすることができ把握できた数値は採用活動を改善するための指針になります。

自社の求人が抱えている求人情報の課題を明らかにし、どうしたら求人への応募が増えるのかといった対策を練ることで、閲覧数や応募数の増加などの効果につながるのです。

求人効果を分析するために必要なデータとは

求人効果を分析するためには、求人情報の数字を管理することが必要不可欠です。

管理する必要がある「数字」には具体的に以下のようなものが挙げられます。

《求人効果を分析するために必要なデータの例》
・求人媒体ごとの応募者人数
・面接官別での担当している応募者数
・書類審査を通過した人数
・面接を通過した人数
・内定を出した人数
・内定を受諾した人数
・内定を辞退した人数
・ひとりあたりの採用単価
・応募から内定までの所要日数

採用活動の課題や注力したいポイントに応じて、求人効果の分析を行いましょう。

求人効果の分析を行う上で数字を管理する方法は表計算ソフトを用いての管理のほか、募集から採用までの工程を管理できるサービスである採用管理システム(ATS)の導入が挙げられます。

月間の応募者数が20人以下なら表計算ツールが適しており、20人以上なら採用管理システムの導入を検討するなど、自社の求人に対する月間の応募数に応じて適切な方法で管理することがポイントです。

※詳しくはこちら【Indeedでコンバージョンを測定する方法と分析する時の3つの注意点】

Indeedの分析はIndeedアナリティクスが有効

Indeed 分析の画像

採用活動を行う上ではデータ分析と数字の管理をすることが、より効果的な採用活動を実現するヒントとなることを解説しました。

採用活動の効果を高めたいとき利用したい分析ツールがIndeedにはあります。Indeedが提供する独自の分析ツールである「Indeedアナリティクス」についてみていきましょう。

Indeedアナリティクスとは

Indeedアナリティクスとは、Indeedが提供している求人情報の分析ツールです。

Indeedの管理画面から分析データを確認することが可能で、大まかなデータ動向から自社の求人情報がどれ程見られているかなどの細かな部分までを数値で確認することができます。

Indeedアナリティクスを利用するには有料掲載が必須ですが、Indeedアナリティクスを活用すれば、自社の求人情報の課題を明確にしたり、どのようなユーザーに求人を見られるようにするかといった戦略を立てたりすることが可能です。

Indeedアナリティクスでできること

Indeedアナリティクスからは、以下のような求人情報に関するさまざまな情報を得ることができます。

《Indeedアナリティクスで取得できる情報》
・掲載した求人数
・求人ごとのクリック数
・求人が表示された回数
・求人ごとの応募数
・職種名別ランキング
・検索ワード別ランキング
・勤務地別ランキング
・求人単価

たとえば求人のクリック数については、パソコンやスマートフォンなどのデバイスごとのデータや閲覧したユーザーの国籍や年齢層などを求人情報別に確認することが可能です。

Indeedアナリティクスの各データは、数値だけではなく棒グラフや折れ線グラフなどで自動でまとめてくれたり、視覚的に比較と推移を見ることができたりと分析しやすい仕様となっています。

Indeedアナリティクスから得られた情報は、PDF形式でダウンロードできるため、ダウンロードしたIndeedアナリティクスの情報を、社内向けの採用状況レポートして利用することも可能です。

※詳しくはこちら【「アナリティクス」はIndeedの活用に必須!種類と運用方法とは】

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Indeedアナリティクスで分析をする方法

Indeed 分析の画像

実際にIndeedアナリティクスを使用して、求人情報のデータの解析を行うにはどうすればいいのでしょうか。

Indeedアナリティクスの基本的な使い方や、得られたデータを分析して採用活動や求人広告の運用方法を改善する方法をみていきましょう。

Indeedアナリティクスの使い方

まず、Indeedへログインした状態から画面右上の「求人掲載」をクリックします。

次に飛んだページの左上に「概要」「求人」「広告キャンペーン」のタブが並んでいるため、表示されたタブからIndeedアナリティクスのデータを確認することが可能です。

「概要」の画面では以下の項目を確認できます。

・応募者の絞り込みプロセス

掲載している求人情報がIndeedのユーザーに見られてから応募に至るまでに得られる、求人の表示回数やクリックされた総数、求人への応募数などの数字を確認することが可能です。

・有料掲載求人

Indeedに掲載しているスポンサー求人の総費用や、スポンサー求人のクリック数やクリック単価、応募数と応募単価について確認できます。

・求人クリック数

無料掲載と有料掲載のクリック数の比較や無料掲載と有料掲載の総クリック数が確認可能です。

・求人費用

一定期間内の求人費用の変化をグラフで表示します。
「求人」タブのプルダウンから「求人パフォーマンスレポート」を確認することができ、Indeedに掲載している各求人情報の状況を確認が可能です。

・現在の募集ステータスについて

対象の求人が募集中か休止中かを確認できます。

・検索/フィルター/グループ化

職業名や募集している地域などのキーワードで検索したり、地域ごとに求人情報を絞りこんだりすることが可能です。

また職業や求人情報の掲載元などで、求人情報をグループごとにまとめることができます。

・期間の選択

日付から期間を選択することで、求人ごとの過去12ヵ月分のレポートを確認することが可能です。

・データのダウンロード

IndeedアナリティクスのデータをCSV形式でダウンロードすることができ、期間や求人情報を絞り込んでダウンロードすることも可能です。

「広告キャンペーン」を選択すると「スポンサー求人広告キャンペーン」「キャンペーンを作成」の2項目が表示されます。

キャンペーンとはスポンサー求人広告を掲載する際に、複数の求人を同じ職種名や勤務地などのキーワードと条件でまとめて管理するための単位です。

・スポンサー求人広告キャンペーン

スポンサー求人広告キャンペーンからは、現在運用しているキャンペーンの表示回数やクリック数、応募数などが確認できます。

・キャンペーンの作成

キャンペーンの作成では、地域や職業などのキャンペーンにまとめたい求人を選択して新たにキャンペーンを作成することができます。

またキャンペーンごとの予算設定や応募数などの上限の設定も可能です。

分析データを活用する方法

Indeedアナリティクスで分析したデータからは、さまざまな課題が見えてくるでしょう。

たとえば、求人広告のクリック率が低い場合は、検索されやすい言葉を入れて求人広告を見つけてもらいやすくしたり、タイトルや求人内容をどんな仕事なのか分かりやすい内容に工夫したりするなどの改善策が考えられます。

採用に関する情報のみが掲載されており求職者の知りたい情報がわかりやすくまとめられているため、自社採用サイトを確認して転職活動を行う人が多いのです。

Indeedアナリティクスから得られたデータを元に求人情報の課題を解決することで、クリック率の増加やスポンサー求人の費用対効果を高めることにつながるでしょう。

分析が難しいなら代理店を活用しよう

自社採用サイト メリット デメリットの画像

実際にIndeedアナリティクスのデータを確認しても、自社内で活用できるか不安に感じるかもしれません。

もしIndeedアナリティクスのデータを活用できるか不安に感じるなら、求人広告の運用を代理店に依頼することも選択肢のひとつです。

Indeedアナリティクスの分析と運用を依頼できる代理店の特徴と、代理店の選び方についてみていきましょう。

Indeed運用代理店の特徴

Indeedの運用を依頼できる代理店には、Indeedから認定を受けて代理サービスを行う会社と認定を受けていない会社の2種類があり、代理店ごとの業態ごとに大きくわけると、4つのタイプの代理店があります。

・求人広告代理店系

求人広告代理店系の代理店は、マイナビやリクナビなどの求人サイトを運営する会社が代行します。

長年蓄積した求人広告のノウハウがあるため、募集原稿の作成とPR方法の提案や求職者の二ーズ把握に力を発揮するでしょう。

求職者のニーズを把握できれば、ターゲットとした求職者が応募したくなるような求人広告を作成することが可能です。

・ネット広告代理店系

ネット広告代理店系の代理店は、GoogleやYahoo!などのネット広告を扱っている会社のことです。

リスティング広告などのネット広告について豊富なノウハウをもっているため、Indeed広告のクリック率や応募者数の増加が期待できます。

・採用Web集客専門系

採用Web集客専門系の代理店は、Web集客に特化した採用専門のコンサルティング会社です。

採用管理システムの導入や採用サイトの制作など、全体的な採用活動をサポートするサービスを提供しているため、Indeedでの採用活動全般において力強いサポートが期待できます。

・経営コンサル系

経営コンサル系の会社の場合、経営コンサルティング会社がサービスの一環としてIndeedの運用を代行することが少なくありません。

経営の視点から採用戦略を立てることが可能で、採用だけでなく会社全体の人材の状況を把握した上での採用サポートが期待できます。

Indeed運用代理店の選び方

Indeedの運用を依頼する代理店を選ぶ重要なポイントは、Indeedでの求人広告運用の実績があるかどうかです。

目星をつけた代理店が実際に運用を手がけた会社のサービスと実績を見せてもらい、実績を確認することで、自社から依頼したい内容を実現できるかどうかを判断することができます。

Indeedの運用について対応できる範囲や得意分野、依頼する際の費用など、複数の代理店を見比べながら自社のやり方と合った代理店を選ぶことが、期待する求人の効果が得られる代理店選びのポイントです。

※詳しくはこちら【Indeed広告を代理店に任せてみよう!選び方を徹底解説】

まとめ

Indeed 分析の画像

Indeedアナリティクスを使って分析することで、自社の求人情報の課題を洗い出し、課題を解決することで応募者数の増加が期待できます。

しかし、自社でIndeedアナリティクスの運用に関する知識やノウハウがなければ、効果的な改善につながるか不安になるかもしれません。

「Indeedに掲載している求人情報の改善をしたいけど、どうしたらいいかわからない」「求人票の分析や改善になかなか時間が割けない」といったお悩みをお持ちなら、効果的なIndeed運用ができる「トルー」にお任せください!

既存の自社採用サイトに「トループラグイン」機能を使って、Indeedと自動連携される求人情報ページを追加制作することもできます。

↓詳しくはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
採用サイトを作成するメリット 【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2021年4月現在の情報を元に作成しております。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧