indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

失敗しない採用管理システム(ATS)の選び方

カテゴリ:リクルーティングコラム 採用お役立ち情報

採用管理システム(ATS) 選び方	画像

優秀な人材や、企業が理想とする人材獲得のために工夫された採用活動を行なっている企業は少なくないでしょう。

「採用活動における業務をより効率的に行いたい」「少しでも負担を減らしたい」といった希望をかなえる方法のひとつが採用管理システム(ATS)の導入です。

この記事では、採用管理システム(ATS)の説明及び採用管理システム(ATS)を選ぶポイントについて紹介します。

採用管理システム(ATS)とは

採用管理システム(ATS) 選び方	画像

まずは採用管理システム(ATS)について説明します。

採用管理システム(ATS)の仕組み

ATS(Applicant Tracking System)とは「採用管理システム」と呼ばれるもので、採用活動に関するあらゆる情報を一括で管理して、採用業務を効率的に進められるシステムです。

採用管理システム(ATS)は求人サイトや自社の採用サイトで求人の募集をかけた後、応募者の選考状況を管理して、内定を出したあとは内定者へ入社後のフォローの対応をします。

一連の採用活動を通じて得られた情報は採用管理システム(ATS)により分析され、自社の採用活動における課題を改善するために活かされる仕組みです。

※詳しくはこちら【採用管理システムとは?利用するメリットやサポートする機能の例を紹介】

採用管理システム(ATS)でできること

ATSには採用活動をサポートするためのあらゆる機能がありますが、ここでは4つの主な機能を紹介します。

(1)求人情報の作成

採用管理システム(ATS)は、複数の求人情報を手軽に作成できます。

例えば求人サイトを利用している企業の場合、採用管理システム(ATS)上で応募条件をまとめてボタンをクリックすると、自社と連携している求人サイトに求人情報が反映される仕組みです。

また自社の採用サイトを運用している企業の場合、独自の採用サイトを作成できる機能も備わっているため、外注せずに採用サイトが作成できます。

(2)応募者の情報管理

連携している求人サイトも含めて、履歴書や職務経歴書などの応募者に関する情報を一元管理できます。

(3)選考状況の管理

面接時の求職者に対する評価や採用活動の進捗状況を管理できます。

(4)内定者の情報管理

採用管理システム(ATS)を活用することで、内定通知の自動送信や、入社後のフォローなどの採用活動に関する一連の作業を効率的に進めることが可能です。

採用管理システム(ATS)の選び方

採用管理システム(ATS) 選び方	画像

ここまで採用活動を効率的に進める手段として採用管理システム(ATS)があること、およびその仕組みや主な機能について説明しました。

ここからは採用管理システム(ATS)を導入すべき会社と、実際に導入するにあたっての注意点について説明します。

採用管理システム(ATS)を導入すべき会社

採用活動では以下のようなさまざまな業務・作業が発生します。

《採用活動で行う主な業務・作業》
・求人情報の作成(求人サイトとの連携、自社の採用サイトの作成など)
・求職者が応募条件を満たしているかの確認
・求職者との面接のスケジュール調整
・内定後の対応(内定通知の送信、入社後の研修など)
・選考状況の社内共有

採用担当者はこれらの業務をいかに効率よく対応できるかが求められるだけでなく、すべての情報を管理しなければなりません。

このように採用活動に人や時間のコストを割いている企業は、コストカットのために採用管理システム(ATS)の導入を検討する余地があるでしょう。

※詳しくはこちら【人事の課題を洗い出そう!採用・育成戦略と労働環境を整備して優れた人材を定着】

採用管理システム(ATS)を選ぶポイント

採用管理システム(ATS)はいくつかの種類があります。

自社にあった採用管理システム(ATS)を導入するために、気をつけておくべき4つのポイントを確認しましょう。

《ポイント1》自社の事業規模にあっているか

年間を通じて何人程度を採用する予定なのか計画を立てた上で、目的に合った採用管理システム(ATS)を選ぶことがポイントです。

《ポイント2》求職者が使いやすいか

採用管理システム(ATS)上で作成したサイトを実際に操作してみて、使いにくい点がないか、求職者側の目線で確認する必要があります。

《ポイント3》求職者がよく利用するサービスと連携できるか

求職者が就職活動をする際によく利用するサービスと、採用管理システム(ATS)が連携しやすく、使いやすいかを確認する必要があります。

《ポイント4》高いセキュリティレベルを誇るか

求職者の履歴書や職務経歴書をはじめ、あらゆる個人情報を管理するにあたってセキュリティシステムが整っており、情報漏洩のリスク管理がされているかを重要視しましょう。

採用管理システム(ATS)のメリットとデメリット

採用管理システム(ATS) 選び方	画像

ここでは採用管理システム(ATS)についてより詳しく知るために、採用管理システム(ATS)のメリット・デメリットを紹介します。

自社の目的にあった採用管理システム(ATS)を導入するために、実際に導入する時の選定基準と合わせて参考にしましょう。

採用管理システム(ATS)のメリット

企業が採用管理システム(ATS)を導入することのメリットは、4つあります。

(1)人や時間のコストカット

採用担当者は求職者の書類確認や面接のスケジュール調整など、採用活動においてさまざまな業務をこなす必要があります。

採用管理システム(ATS)を導入した場合、書類管理やスケジュール調整などこれまで人の手で行なってきた作業は、採用管理システム(ATS)上で対応できるのです。

またシステム対応になることで人や時間のコストカットにつながるだけでなく、入力ミスと言った人的ミスを防ぐこともできます。

(2)求職者への対応の迅速化

求人サイトや自社の採用サイトを通じて、多数の応募が来ることが想定されます。

採用管理システム(ATS)には自動返信メールを送信する機能が備わっているため、メール対応への遅れや返信漏れが生じにくいのです。

(3)応募者情報を一元管理できること

採用活動では書類審査に始まり、筆記試験や複数回の面接が行われる場合があります。

選考状況を社内で共有する際に、どの段階で誰から得られた情報なのかを綿密に管理しておくためにも、情報の一元化は非常に重要です。

応募者の個人情報と合わせて採用管理システム(ATS)で管理しましょう。

(4)応募者のデータを分析できること

自社の採用活動の課題点を明確にするためにも、採用管理システム(ATS)を使ったデータ分析は必要です。

採用管理システム(ATS)で管理されている応募者情報のデータを分析することで、その後の採用活動に活かすことができます。

※詳しくはこちら【必見】採用管理システム(ATS)の6つのメリットと比較ポイント(作成中)

採用管理システム(ATS)のデメリット

採用管理システム(ATS)を導入することのデメリットを、3つ紹介します。

(1)余計なコストが発生する可能性があること

無料プランの採用管理システム(ATS)は一部の機能しか使えないことが多いため、有料プランを検討する企業がほとんどでしょう。

しかし「自社の事業規模に合わない」「年間の予定採用人数が少ない」といった企業は、採用管理システム(ATS)の導入コストや運用コストに見合った業務効率化が計れないこともあります。

(2)一時的に作業負荷が高まる可能性があること

新しいシステムを導入すると、使いこなすまでに時間がかかる可能性があります。

そのため、システム導入前よりも一時的にではあるものの、採用担当者の作業負荷が高まってしまうかもしれません。

採用管理システム(ATS)を導入することで、どのくらい業務の効率がよくなるか、採用担当者が継続して運用できる体制は整っているのかなどを事前に調べておく必要があります。

(3)必ず応募者が増えるとは限らないこと

採用管理システム(ATS)を導入すれば、企業にとって採用活動が効率化される部分もあるでしょう。

一方応募者側が使いにくいと感じる機能では、求職者の応募に対するモチベーションの低下につながりかねません。

企業側のメリットだけでなく、使いやすさという点で求職者側の目線でもシステムの導入を検討することが重要です。

採用管理システム(ATS)を導入することは、企業にとって必ずしもいい方向に働くわけではありません。

自社にとって本当に必要なのか、導入することで採用活動のどのような課題が解決されるのかをよく検討した上で導入しましょう。

採用管理システム(ATS)を徹底比較

採用管理システム(ATS) 選び方	画像

「採用管理システム(ATS)」といっても、選択肢はひとつだけではありません。

ここでは数ある採用管理システム(ATS)を「無料枠システム(一部無料含む)」と「有料枠システム(一部有料含む)」で分類して、それぞれの特徴を紹介します。

無料で使える採用管理システム(ATS)

完全無料、または一部無料で利用できる採用管理システム(ATS)を6つ紹介します。

(1)「Talentio(タレンティオ)」

サービス名
Talentio(利用制限あり)
特徴
・履歴書や職務経歴書などの書類データの管理や求人サイトとの連携などの作業を自動で行える
・slackとの連携ができる
・無料プランでは月50名までの候補者の管理ができる

Talentioの強みは、採用活動に関する業務の自動化・効率化ができることです。

また応募者の情報や選考状況を一元管理できるため、集計データを可視化することもできます。

Slackとの連携機能においては、カスタマイズ機能を使うことで、面談前のリマインドや募集条件に合った応募者がいた場合に、slackでの通知受け取りなどを設定することも可能です。

Talentioは、自社採用や全社採用、リファラル採用を検討している企業に向いているでしょう。

(2)リクナビHRTech採用管理

サービス名
リクナビHRTech採用管理(機能制限なし)
特徴
・登録する候補者数に制限がない
・選考状況を分析する機能がある

採用管理システム(ATS)は月額料金が発生するサービスが多いですが、「リクナビHRTech採用管理」はすべての機能を無料で使用できます。

リクナビHRTech採用管理の強みは、選考の進捗状況を可視化できることです。

候補者の応募から選考、入社までのすべての情報をクラウド上で一元管理できます。

さらに求人サイトごとにデータ分析を行うこともできるため、その後の採用活動の改善につなげることが可能です。

(3)engage(エンゲージ)

サービス名
engage(機能制限なし)
特徴
・スマートフォン向けのサイト作成に対応している
・SNSでの連携ができる

engageの強みは、サイト運用に必要な基本機能がすべて無料であることです。

採用サイトの作成や応募者情報の管理に加えて、エン転職の会員へのスカウト機能も無料で利用できます。

またTwitterやFacebookに採用サイトの広告を掲載することも可能なため、自社の認知度を高めることも期待できるでしょう。

(4)ジョブカン採用管理

サービス名
ジョブ管理採用(利用制限あり)
特徴
・1ヶ月単位で契約できる
・10種類以上の求人サイトを連携している
・応募者とLINE上でのやり取りができる

ジョブカン採用管理の強みは、採用管理システム(ATS)の導入が初めての人でも簡単に使用できる点です。

応募者の書類選考から採用決定までのすべての情報を、一元管理できます。

面談日時はAI機能により自動で調整されるため、手動でカレンダーに登録する必要がありません。

また検索サイトと自動で連携して求人を掲載できます。

ジョブカン採用管理は、「サイト運用コストをなるべく抑えたい」「1ヶ月に採用管理システム(ATS)に登録する人数が50名以下」という企業にオススメです。

(5)HERP Hire(ハープハイヤー)

サービス名
HERP Hire(利用制限あり)
特徴
・複数の求人サイトの情報管理を一元化できる
・SlackやChatworkと連携ができる初心者も使いやすい仕様である

HERP Hireの強みは、あらゆる社員が採用活動に積極的に参加できることです。

採用活動というと、どうしても採用担当者に負担が偏りがちですが、HERP Hireは現場社員の意見も取り入れられるようにフォーム投稿機能が備わっています。

そのため、理想とする人材に近い応募者の獲得へとつながる可能性が高まるのです。

採用活動に関わるすべての人の間で情報が自動共有できる機能もあるため、一人の社員のみに採用業務の負担が偏ることが少なくなります。

HERP Hireは、「現場社員の意見を採用活動に積極的に取り入れたい」「採用担当者の人数が少なく業務を回せていない」という企業にオススメです。

(6)Zoho Recruit(ゾーホー・リクルート)

サービス名
Zoho Recruit(機能制限あり)
特徴
・自社が理想とする人物像に合う人材を探し出すことができる
選考〜採用にまでがスムーズに行える

Zoho Recruitの強みは、自社採用のみならず派遣会社や人材紹介会社でも活用できることです。

例えば派遣会社でシステムを導入する場合、派遣社員のプロジェクト管理や案件受託などができます。

Zoho Recruitは、「採用活動における業務を効率化して、従業員の定着率を図りたい」「応募者の情報を一元管理したい」という企業にオススメです。

有料の採用管理システム(ATS)

完全有料、または一部有料で利用できる採用管理システム(ATS)をいくつか紹介します。

(1)HITO-Link リクルーティング

サービス名
HITO-Link
特徴
・面接日時の調整や書類管理などのオペレーション業務をすべて自動化できる
・30媒体以上から来る応募者データを自動で管理することができる
料金
月額7万円〜

HITO-Link リクルーティングの強みは、面接日時の調整や書類管理などのオペレーション業務の自動化です。

オペレーション業務が自動化された分、より多くの時間を面接にあてることができます。

HITO-Link リクルーティングは、「オペレーション業務に追われることなく、効率的に採用活動を進めたい」「情報管理の煩わしさを無くしたい」という企業にオススメです。

(2)HRMOS(ハーモス)

サービス名
HRMOS
特徴
・採用活動に関するすべての業務がシステム内で完結する
・新卒や第二新卒など異なるフェーズの採用活動を並行して行える
料金
都度お問い合わせ

HRMOSの強みは、採用ページの作成から応募者の情報管理、採用活動におけるデータ分析までをすべて一元管理できることです。

暗号化された通信システムが備わっているため、セキュリティー面での心配はありません。

また膨大なデータを元に分析された数値の結果を活用することで、戦略的な採用活動を可能にします。

HRMOSは、「新卒や第二新卒、中途採用といった幅広い採用活動をしている」「採用活動で蓄積されたデータを分析して、自社の採用活動の課題点を洗い出したい」という企業にオススメです。

(3)i-web(アイウェブ)

サービス名
i-web
特徴
・「リクナビ」「キャリタス就活ナビ」との連動性が高い
・多様なデザイン性のある採用サイトが作成ができる
料金
都度お問い合わせ

i-webは、新卒採用向け採用支援システムでは11年連続で導入シェア第1位です。

採用活動において、求職者1人1人に合わせたアプローチを実現できます。

また統計機能が備わっているため、採用活動に費やしている時間をリアルタイムで集計して、どの業務に一番時間を割いているのかを割り出せるのです。

そのため、業務効率化が図れていない箇所の改善へとつなげることができます。

i-webは、「採用活動の質を高めつつ業務を進めたい」「応募者のミスマッチをなくしたい」という企業にオススメです。

(4)JobSuite CAREER(ジョブサイト・キャリア)

サービス名
JobSuite CAREER
特徴
・年間を通じてキャリア採用を行なっている
料金
月額5万円〜

JobSuite CAREERの強みは、中途採用のフェーズに特化した機能が備わっている点です。

中途採用の募集要項や採用方法は職種ごとに異なる場合があるため、採用担当者だけでなくさまざまな部署とのやり取りが生じます。

システムを導入することで情報共有をスムーズに行えるようになるため、応募者への対応も早くなるでしょう。

JobSuite CAREERは、「中途採用の採用活動をメインで行う」「求職者目線で考えられた使いやすさを求めている」という企業にオススメです。

(5)採用一括かんりくん

サービス名
採用一括かんりくん
特徴
・LINEで応募者と気軽に連絡が取れる
・AI機能を用いたアンケートを実施し、求職者が求めている情報を割り出せる
・GoogleカレンダーやOutlookカレンダーと連携できる
料金
都度お問い合わせ

採用一括かんりくんの強みは、採用活動のデータ管理における事務作業の工数を削減でき、およそ75%の工数削減につながることです。

これにより応募者や人材紹介会社とコミュニケーションを取れる時間が確保されるため、より求職者のモチベーションを高めることもできるでしょう。

採用一括かんりくんは、「内定後の辞退者を減らしたい」「採用活動をオンライン上でも行いたい」企業にオススメです。

(6)HRアナリスト

サービス名
HRアナリスト
特徴
・アンケートを実施し、既存社員との相性をはかることができる
・蓄積データを元に採用活動の改善できる
料金
都度お問い合わせ

HRアナリストの強みは、高い分析ロジックを駆使して高い採用成功率の向上につなげられることです。

分析結果を元に、面接担当者に今後の面接における具体的な改善策を提案できます。

HRアナリストは「広告代理店やIT系など競合他社が多い企業」「データを蓄積して、自社オリジナルの採用システムに成長させたい」という企業にオススメです。

(7)SONAR(ソナー)

サービス名
SONAR
特徴
・応募者の情報を一元管理できる
・新卒や中途採用などあらゆるフェーズに対応できる
・応募者情報に関するデータを自動でグラフ化してくれる
料金
都度お問い合わせ

SONARの強みは、選考状況をリアルタイムで共有できる点です。

採用するかどうかの判断を素早く行うことができるため、応募者への連絡に遅れが生じにくくなります。

SONARは、「応募者へのメール返信や面接の受付対応などでミスをなくしたい」「選べるお得な複数のパッケージプランを試したい」という企業にオススメです。

(8)MOCHICA(モチカ)

サービス名
MOCHICA
特徴
・応募者とLINEを通じた手のやり取りができる
・面接担当者ごとのアカウント作成ができる
料金
月額5千円〜

MOCHICAの強みは、面接や説明会などの日時調整がLINE上で気軽に行える点です。

LINEはメールよりもスムーズにやり取りが行えるため、応募者との距離感も近く感じることができます。

MOCHICAは、「面接や説明会などの日時調整に関する業務のコストを削減したい」「応募者とのコミュニケーションを円滑に進めたい」という企業にオススメです。

まとめ

採用管理システム(ATS) 選び方	画像

採用管理システム(ATS)を選ぶ時のポイントは、「自社の事業規模にあっているか」「求職応募者が使いやすい」「求職者がよく利用するサービスと連携できるか」「高いセキュリティレベルを誇るか」の4つです。

採用管理システム(ATS)は多数の種類があり、それぞれの特徴も異なります。

自社の採用活動の課題改善や効率化ができる見込みがあるのは、どの採用管理システム(ATS)なのかをよく比較した上で導入を検討しましょう。

Indeedに掲載し効率運用するならトルーがおすすめです。

トルーなら月々1万円から採用サイト制作ができ、求人領域のプロがサポーターとなってアドバイスを受けながら採用コストをぐんぐん下げることができます。

採用サイト制作の無料お問い合わせ、資料ダウンロードはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
採用サイトを作成するメリット 【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2021年4月現在の情報を元に作成しております。

 

資料ダウンロードはこちら

シェアボタン

関連:同じカテゴリのコラム

コラム一覧